第3章 Developer CLI (odo)

3.1. {odo-title} リリースノート

3.1.1. odo での主な変更点および改善点

  • odo が Devfile v2 をサポートするようになりました。
  • odo create -s2i は S2I コンポーネントを devfile コンポーネントに変換できるようになりました。odo create --s2i <component-type> odo を実行すると、指定されたコンポーネントタイプの S2I イメージに基づいて変換された Devfile コンポーネントが作成されます。

    この機能を使用すると、数多くの変更が導入されます。詳細は、「既知の問題」を参照してください。

  • Operator ベースのサービスは、odo push の実行後にのみクラスター上に作成され、odo service create 後には実行されなくなりました。
  • --container フラグを使用して、odo storage create コマンドの実行時にストレージを割り当てるコンテナーを指定できるようになりました。詳細は、ストレージの特定コンテナーへの追加について参照してください。
  • odo catalog component describe は、複数のレジストリーのコンポーネントに同じ名前が使用される場合に正しい JSON を返すようになりました。
  • 変更をクラスターに直接実装するコマンドにより、odo push が不要であることがユーザーに通知されるようになりました。
  • devfile からコンポーネントを作成する場合、odo create は名前が指定されていない場合にデフォルトのコンポーネント名を使用するようになりました。
  • odo には Telemetry が含まれるようになりました。「Telemetry セクション」を参照し、 Telemetry の承諾についての設定を変更する方法を参照してください。
  • odo service を使用すると、devfile にカスタムリソース定義および ServiceInstance 情報を追加または削除できるようになりました。

3.1.2. サポート

ドキュメント

ドキュメントのエラーが見つかったか、またはドキュメントの改善に関する提案をお寄せいただける場合は、Bugzilla に報告してください。OpenShift Container Platform の製品タイプおよび Documentation コンポーネントタイプを選択します。

製品

エラーを見つけた場合や、odo の機能に関するバグが見つかった場合やこれに関する改善案をお寄せいただける場合は、Bugzilla に報告してください。製品タイプとして OpenShift Developer Tools and Services を選択し、odo をコンポーネントとして選択します。

問題の詳細情報をできる限り多く入力します。

3.1.3. 既知の問題

  • Bug 1760574: 削除された namespace が odo project get コマンドで一覧表示されます。
  • Bug 1760586: odo delete コマンドは、プロジェクトが削除され、コンポーネント名が設定されると無限ループを開始します。
  • Bug 1760588: odo service create コマンドは Cygwin で実行されるとクラッシュします。
  • Bug 1760590: Windows 用の Git BASH では、odo login -u developer は要求された場合も入力されたパスワードを非表示にしません。
  • Bug 1783188: 非接続クラスターでは、odo component create コマンドは、コンポーネントがカタログ一覧に一覧表示されていてもエラーの …​tag not found…​ をスローします。
  • Bug 1761440: 1 つのオブジェクトに同じタイプの 2 つのサービスを作成することができません。
  • Bug 1821643 odo push は .NET コンポーネントタグ 2.1+ では機能しません。

    回避策: 以下を実行して .NET プロジェクトファイルを指定します。

    $ odo config set --env DOTNET_STARTUP_PROJECT=<path_to_your_project>
  • odo create --s2i の後に odo url create を実行すると、コマンドは失敗します。odo は、要求せずに URL を直接作成できるようになりました。
  • Wildfly および dotnet S2I コンポーネントは odo create で作成できません。
  • odo env set DebugPort は変換された devfile コンポーネントでは機能しません。回避策: odo config set --env DEBUG_PORT を使用します。
  • odo delete --wait は、リソースが devfile コンポーネントについて終了するのを待機しません。