3.8. 特権付きセキュリティーコンテキストでの Pod の使用

OpenShift Pipelines 1.3.x 以降のバージョンのデフォルト設定では、パイプライン実行またはタスク実行から Pod が作成される場合、特権付きセキュリティーコンテキストで Pod を実行できません。このような Pod の場合、デフォルトのサービスアカウントは pipeline であり、pipelines サービスアカウントに関連付けられた SCC (Security Context Constraint) は pipelines-scc になります。pipelines-scc SCC は anyuid SCC と似ていますが、パイプラインの SCC について YAML ファイルに定義されるように若干の違いがあります。

SecurityContextConstraints オブジェクトの例

apiVersion: security.openshift.io/v1
kind: SecurityContextConstraints
...
fsGroup:
  type: MustRunAs
...

さらに、OpenShift Pipeline の一部として提供される Buildah クラスタータスクは、デフォルトのストレージドライバーとして vfs を使用します。

3.8.1. 特権付きセキュリティーコンテキストを使用したパイプライン実行 Pod およびタスク実行 Pod の実行

手順

privileged セキュリティーコンテキストで (パイプライン実行またはタスク実行で作成された) Pod を実行するには、以下の変更を行います。

  • 関連するユーザーアカウントまたはサービスアカウントを、明示的な SCC を持つように設定します。以下の方法のいずれかを使用して設定を実行できます。

    • 以下のコマンドを実行します。

      $ oc adm policy add-scc-to-user <scc-name> -z <service-account-name>
    • または、RoleBinding および Role または ClusterRole の YAML ファイルを変更します。

      RoleBinding オブジェクトの例

      apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
      kind: RoleBinding
      metadata:
        name: service-account-name 1
        namespace: default
      roleRef:
        apiGroup: rbac.authorization.k8s.io
        kind: ClusterRole
        name: pipelines-scc-clusterrole 2
      subjects:
      - kind: ServiceAccount
        name: pipeline
        namespace: default

      1
      適切なサービスアカウント名に置き換えます。
      2
      使用するロールバインディングに基づいて適切なクラスターロールに置き換えます。

      ClusterRole オブジェクトの例

      apiVersion: rbac.authorization.k8s.io/v1
      kind: ClusterRole
      metadata:
        name: pipelines-scc-clusterrole 1
      rules:
      - apiGroups:
        - security.openshift.io
        resourceNames:
        - nonroot
        resources:
        - securitycontextconstraints
        verbs:
        - use

      1
      使用するロールバインディングに基づいて適切なクラスターロールに置き換えます。
    注記

    ベストプラクティスとして、デフォルトの YAML ファイルのコピーを作成し、複製ファイルに変更を加えます。

  • vfs ストレージドライバーを使用しない場合、タスク実行またはパイプライン実行に関連付けられたサービスアカウントを特権付き SCC を持つように設定し、セキュリティーコンテキストを privileged: true に設定します。