3.5.9. パイプライン実行のトリガー

push イベントが Git リポジトリーで実行されるたびに、設定された Webhook はイベントペイロードを公開される EventListener サービスルートに送信します。アプリケーションの EventListener サービスはペイロードを処理し、これを関連する TriggerBinding および TriggerTemplate リソースのペアに渡します。TriggerBinding リソースはパラメーターを抽出し、TriggerTemplate リソースはこれらのパラメーターを使用して、リソースの作成方法を指定します。これにより、アプリケーションが再ビルドされ、再デプロイされる可能性があります。

このセクションでは、空のコミットをフロントエンドの pipelines-vote-ui リポジトリーにプッシュし、パイプライン実行をトリガーします。

手順

  1. ターミナルから、フォークした Git リポジトリー pipelines-vote-ui のクローンを作成します。

    $ git clone git@github.com:<your GitHub ID>/pipelines-vote-ui.git -b pipelines-1.5
  2. 空のコミットをプッシュします。

    $ git commit -m "empty-commit" --allow-empty && git push origin pipelines-1.5
  3. パイプライン実行がトリガーされたかどうかを確認します。

    $ tkn pipelinerun list

    新規のパイプライン実行が開始されたことに注意してください。