1.10. ビルドでの Red Hat サブスクリプションの使用

以下のセクションを使用して、OpenShift Container Platform でエンタイトルメントが適用されたビルドを実行します。

1.10.1. Red Hat Universal Base Image へのイメージストリームタグの作成

ビルド内で Red Hat サブスクリプションを使用するには、Universal Base Image (UBI) を参照するイメージストリームを作成します。

UBI をクラスター内の すべてのプロジェクトで 利用可能にするには、イメージストリームタグを openshift namespace に追加します。それ以外の場合は、これを 特定のプロジェクトで 利用可能にするには、イメージストリームタグをそのプロジェクトに追加します。

このようにイメージストリームタグを使用すると、他のユーザーにプルシークレットを公開せずに、インストールプルシークレットの registry.redhat.io 認証情報に基づいて UBI へのアクセスを付与することができます。これは、各開発者が各プロジェクトで registry.redhat.io 認証情報を使用してプルシークレットをインストールすることが必要になる場合よりも便利です。

手順

  • openshift namespace で ImageStreamTag を作成し、これを開発者に対してすべてのプロジェクトで利用可能にするには、以下を実行します。

    $ oc tag --source=docker registry.redhat.io/ubi7/ubi:latest ubi:latest -n openshift
  • 単一プロジェクトで ImageStreamTag を作成するには、以下を実行します。

    $ oc tag --source=docker registry.redhat.io/ubi7/ubi:latest ubi:latest