3.9.2. セキュアな HTTPS 接続を使用して EventListener リソースの作成

このセクションでは、pipelines-tutorial の例を使用して、セキュアな HTTPS 接続を使用した EventListener リソースのサンプルの作成について説明します。

手順

  1. pipelines-tutorial リポジトリーで利用可能な YAML ファイルから TriggerBinding リソースを作成します。

    $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/master/03_triggers/01_binding.yaml
  2. pipelines-tutorial リポジトリーで利用可能な YAML ファイルから TriggerTemplate リソースを作成します。

    $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/master/03_triggers/02_template.yaml
  3. Trigger リソースを pipelines-tutorial リポジトリーから直接作成します。

    $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/master/03_triggers/03_trigger.yaml
  4. セキュアな HTTPS 接続を使用して EventListener リソースの作成

    1. ラベルを追加して、Eventlistener リソースへのセキュアな HTTPS 接続を有効にします。

      $ oc label namespace <ns-name> operator.tekton.dev/enable-annotation=enabled
    2. pipelines-tutorial リポジトリーで利用可能な YAML ファイルから EventListener リソースを作成します。

      $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/master/03_triggers/04_event_listener.yaml
    3. 再暗号化 TLS 終端でルートを作成します。

      $ oc create route reencrypt --service=<svc-name> --cert=tls.crt --key=tls.key --ca-cert=ca.crt --hostname=<hostname>