3.2.2. OpenShift Pipelines の概念

本書では、パイプラインの各種概念を詳述します。

3.2.2.1. タスク

Task は Pipeline のビルディングブロックであり、順次実行されるステップで構成されます。これは基本的に入出力の機能です。Task は個別に実行することも、パイプラインの一部として実行することもできます。これらは再利用可能であり、複数の Pipeline で使用することができます。

Step は、イメージのビルドなど、Task によって順次実行され、特定の目的を達成するための一連のコマンドです。各 Task は Pod として実行され、各 Step は同じ Pod 内のコンテナーとして実行されます。Step は同じ Pod 内で実行されるため、ファイル、設定マップ、およびシークレットをキャッシュするために同じボリュームにアクセスできます。

以下の例は、apply-manifests Task を示しています。

apiVersion: tekton.dev/v1beta1 1
kind: Task 2
metadata:
  name: apply-manifests 3
spec: 4
  workspaces:
  - name: source
  params:
    - name: manifest_dir
      description: The directory in source that contains yaml manifests
      type: string
      default: "k8s"
  steps:
    - name: apply
      image: image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/openshift/cli:latest
      workingDir: /workspace/source
      command: ["/bin/bash", "-c"]
      args:
        - |-
          echo Applying manifests in $(params.manifest_dir) directory
          oc apply -f $(params.manifest_dir)
          echo -----------------------------------
1
Task API バージョン v1beta1
2
Kubernetes オブジェクトのタイプ Task
3
この Task の一意の名前。
4
Task のパラメーターおよび Step と、Task によって使用される Workspace の一覧。

この Task は Pod を起動し、指定されたコマンドを実行するために指定されたイメージを使用して Pod 内のコンテナーを実行されます。