4.3. OpenShift GitOps の使用を開始する

Red Hat OpenShift GitOps は Argo CD を使用して、プラットフォーム Operator、オプションの Operator Lifecycle Manager (OLM) Operator、およびユーザー管理などの特定のクラスタースコープのリソースを管理します。

以下では、Red Hat OpenShift GitOps Operator を OpenShift Container Platform クラスターにインストールし、Argo CD インスタンスにログインする方法について説明します。

4.3.1. Web コンソールでの GitOps Operator のインストール

前提条件

  • OpenShift Container Platform Web コンソールへのアクセスが可能です。
  • cluster-admin ロールを持つアカウントが必要です。
  • 管理者として OpenShift Container Platform クラスターにログインしている。
警告

Red Hat OpenShift GitOps Operator をインストールする前にコミュニティーバージョンの Argo CD Operator がすでにインストールされている場合は、Argo CD Community Operator を削除します。

手順

  1. Web コンソールの Administrator パースペクティブで、左側のメニューにある OperatorsOperatorHub に移動します。
  2. OpenShift GitOps を検索しRed Hat OpenShift GitOps タイルをクリックし、Install をクリックします。

    Red Hat OpenShift GitOps は、クラスターのすべての namespace にインストールされます。

Red Hat OpenShift GitOps Operator がインストールされると、openshift-gitops namespace で利用可能なすぐに使える Argo CD インスタンスが自動的に設定され、Argo CD アイコンがコンソールツールバーに表示されます。プロジェクトでアプリケーション用に後続の Argo CD インスタンスを作成できます。