3.5.3. パイプラインタスクの作成

手順

  1. pipelines-tutorial リポジトリーから apply-manifests および update-deployment タスクリソースをインストールします。これには、パイプラインの再利用可能なタスクの一覧が含まれます。

    $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/pipelines-1.5/01_pipeline/01_apply_manifest_task.yaml
    $ oc create -f https://raw.githubusercontent.com/openshift/pipelines-tutorial/pipelines-1.5/01_pipeline/02_update_deployment_task.yaml
  2. tkn task list コマンドを使用して、作成したタスクを一覧表示します。

    $ tkn task list

    出力では、apply-manifests および update-deployment タスクリソースが作成されていることを検証します。

    NAME                DESCRIPTION   AGE
    apply-manifests                   1 minute ago
    update-deployment                 48 seconds ago
  3. tkn clustertasks list コマンドを使用して、buildah および s2i-python-3 などの Operator でインストールされた追加のクラスタータスクを一覧表示します。

    注記

    制限された環境で buildah クラスタータスクを使用するには、Dockerfile が内部イメージストリームをベースイメージとして使用していることを確認する必要があります。

    $ tkn clustertasks list

    出力には、Operator でインストールされた ClusterTask リソースが一覧表示されます。

    NAME                       DESCRIPTION   AGE
    buildah                                  1 day ago
    git-clone                                1 day ago
    s2i-python                               1 day ago
    tkn                                      1 day ago