5.5.2. Argo CD ダッシュボードを使用したアプリケーションの作成

Argo CD は、アプリケーションを作成できるダッシュボードを提供します。

このサンプルワークフローでは cluster ディレクトリーの内容を cluster-configs アプリケーションに対して再帰的に同期するために Argo CD を設定するプロセスについて説明します。ディレクトリーは Web コンソールの red hat applications menu icon メニューで Red Hat Developer Blog - Kubernetes へのリンクを追加する OpenShift Container Platform Web コンソールクラスター設定を定義してクラスターの namespace spring-petclinic を定義します。

手順

  1. Argo CD ダッシュボードで、New App をクリックして新規の Argo CD アプリケーションを追加します。
  2. このワークフローでは、以下の設定で cluster-configs アプリケーションを作成します。

    アプリケーション名
    cluster-configs
    プロジェクト
    default
    同期ポリシー
    Manual
    リポジトリー URL
    https://github.com/redhat-developer/openshift-gitops-getting-started
    リビジョン
    HEAD
    パス
    cluster
    宛先
    https://kubernetes.default.svc
    namespace
    spring-petclinic
    ディレクトリーの再帰処理
    checked
  3. Create をクリックしてアプリケーションを作成します。
  4. Web コンソールの Administrator パースペクティブで、左側のメニューにある AdministrationNamespaces に移動します。
  5. namespace を検索、選択してから Label フィールドに argocd.argoproj.io/managed-by=openshift-gitops を入力し、openshift-gitops namespace にある Argo CD インスタンスが namespace を管理できるようにします。