3.2.2.5. Pipelines

Pipeline は、特定の実行順序で編成される Task リソースのコレクションです。これらは、アプリケーションのビルド、デプロイメント、およびデリバリーを自動化する複雑なワークフローを構築するために実行されます。1 つ以上のタスクを含むパイプラインを使用して、アプリケーションの CI/CD ワークフローを定義できます。

Pipeline 定義は、多くのフィールドまたは属性で構成され、Pipeline が特定の目的を達成することを可能にします。各 Pipeline リソース定義には、特定の入力を取り込み、特定の出力を生成する Task が少なくとも 1 つ含まれる必要があります。パイプライン定義には、アプリケーション要件に応じて ConditionsWorkspacesParameters、または Resources をオプションで含めることもできます。

以下の例は、buildah ClusterTask を使用して Git リポジトリーからアプリケーションイメージをビルドする build-and-deploy パイプラインを示しています。

apiVersion: tekton.dev/v1beta1 1
kind: Pipeline 2
metadata:
  name: build-and-deploy 3
spec: 4
  workspaces: 5
  - name: shared-workspace
  params: 6
  - name: deployment-name
    type: string
    description: name of the deployment to be patched
  - name: git-url
    type: string
    description: url of the git repo for the code of deployment
  - name: git-revision
    type: string
    description: revision to be used from repo of the code for deployment
    default: "pipelines-1.5"
  - name: IMAGE
    type: string
    description: image to be built from the code
  tasks: 7
  - name: fetch-repository
    taskRef:
      name: git-clone
      kind: ClusterTask
    workspaces:
    - name: output
      workspace: shared-workspace
    params:
    - name: url
      value: $(params.git-url)
    - name: subdirectory
      value: ""
    - name: deleteExisting
      value: "true"
    - name: revision
      value: $(params.git-revision)
  - name: build-image 8
    taskRef:
      name: buildah
      kind: ClusterTask
    params:
    - name: TLSVERIFY
      value: "false"
    - name: IMAGE
      value: $(params.IMAGE)
    workspaces:
    - name: source
      workspace: shared-workspace
    runAfter:
    - fetch-repository
  - name: apply-manifests 9
    taskRef:
      name: apply-manifests
    workspaces:
    - name: source
      workspace: shared-workspace
    runAfter: 10
    - build-image
  - name: update-deployment
    taskRef:
      name: update-deployment
    workspaces:
    - name: source
      workspace: shared-workspace
    params:
    - name: deployment
      value: $(params.deployment-name)
    - name: IMAGE
      value: $(params.IMAGE)
    runAfter:
    - apply-manifests
1
Pipeline API バージョン v1beta1
2
Kubernetes オブジェクトのタイプを指定します。この例では、Pipeline です。
3
この Pipeline の一意の名前。
4
Pipeline の定義および構造を指定します。
5
Pipeline のすべての Task で使用される Workspace。
6
Pipeline のすべての Task で使用されるパラメーター。
7
Pipeline で使用される Task の一覧を指定します。
8
Task build-image: buildah ClusterTask を使用して、所定の Git リポジトリーからアプリケーションイメージをビルドします。
9
Task apply-manifests: 同じ名前のユーザー定義 Task を使用します。
10
Task が Pipeline で実行されるシーケンスを指定します。この例では、apply-manifests Task は build-image Task の完了後にのみ実行されます。