3.2.2.6. PipelineRun

PipelineRun は、パイプライン、ワークスペース、認証情報、および CI/CD ワークフローを実行するためのシナリオに固有のパラメーター値のセットをバインドするリソースタイプです。

パイプライン実行 は、パイプラインの実行中のインスタンスです。これは、クラスター上の特定の入力、出力、および実行パラメーターで実行されるパイプラインをインスタンス化します。また、パイプライン実行の各タスクのタスク実行も作成します。

パイプラインは、完了するかタスクが失敗するまでタスクを順次実行します。status フィールドは、各タスク実行の進捗状況を追跡し、監視および監査目的で保存します。

以下の例は、関連するリソースおよびパラメーターで build-and-deploy Pipeline を実行する PipelineRun を示しています。

apiVersion: tekton.dev/v1beta1 1
kind: PipelineRun 2
metadata:
  name: build-deploy-api-pipelinerun 3
spec:
  pipelineRef:
    name: build-and-deploy 4
  params: 5
  - name: deployment-name
    value: vote-api
  - name: git-url
    value: https://github.com/openshift-pipelines/vote-api.git
  - name: IMAGE
    value: image-registry.openshift-image-registry.svc:5000/pipelines-tutorial/vote-api
  workspaces: 6
  - name: shared-workspace
    volumeClaimTemplate:
      spec:
        accessModes:
          - ReadWriteOnce
        resources:
          requests:
            storage: 500Mi
1
Pipeline run API バージョン v1beta1
2
Kubernetes オブジェクトのタイプ。この例では、PipelineRun です。
3
このパイプライン実行を識別する一意の名前。
4
実行するパイプラインの名前。この例では、build-and-deploy です。
5
パイプラインの実行に必要なパラメーターの一覧。
6
パイプライン実行によって使用されるワークスペース。