第11章 リソースを回収するためのオブジェクトのプルーニング

時間の経過と共に、OpenShift Container Platform で作成される API オブジェクトは、アプリケーションのビルドおよびデプロイなどの通常のユーザーの操作によってクラスターの etcd データストアに蓄積されます。

クラスター管理者は、不要になった古いバージョンのオブジェクトをクラスターから定期的にプルーニングできま。たとえば、イメージのプルーニングにより、使用されなくなったものの、ディスク領域を使用している古いイメージや層を削除できます。

11.1. プルーニングの基本操作

CLI は、共通の親コマンドでプルーニング操作を分類します。

$ oc adm prune <object_type> <options>

これにより、以下が指定されます。

  • groupsbuildsdeployments、または images などのアクションを実行するための <object_type>
  • オブジェクトタイプのプルーニングの実行においてサポートされる <options>