11.3. DeploymentConfig オブジェクトのプルーニング

使用年数やステータスによりシステムで不要となった DeploymentConfig オブジェクトをプルーニングするために、管理者は以下のコマンドを実行できます。

$ oc adm prune deployments [<options>]

表11.2 デプロイメントのプルーニング用の CLI の設定オプション

オプション説明

--confirm

ドライランを実行する代わりにプルーニングが実行されることを示します。

--orphans

DeploymentConfig オブジェクトを持たない、ステータスが Complete または Failed で、レプリカ数がゼロのすべてのデプロイメントをプルーニングします。

--keep-complete=<N>

DeploymentConfig オブジェクトに基づいて、ステータスが Complete でレプリカ数がゼロの最後の N デプロイメントを維持します (デフォルト: 5)。

--keep-failed=<N>

DeploymentConfig オブジェクトに基づいて、ステータスが Failed でレプリカ数がゼロの最後の N デプロイメントを保持します (デフォルト: 1)。

--keep-younger-than=<duration>

現在の時間との対比で <duration> より後の新しいオブジェクトはプルーニングしません (デフォルト: 60m)。有効な測定単位には、ナノ秒 (ns)、マイクロ秒 (us)、ミリ秒 (ms)、秒 (s)、分 (m)、および時間 (h) が含まれます。

プルーニング操作によって削除されるものを確認するには、以下を実行します。

$ oc adm prune deployments --orphans --keep-complete=5 --keep-failed=1 \
    --keep-younger-than=60m

プルーニング操作を実際に実行するには、以下を実行します。

$ oc adm prune deployments --orphans --keep-complete=5 --keep-failed=1 \
    --keep-younger-than=60m --confirm