3.2. アプリケーションのトポロジーの表示

Developer パースペクティブの左側のナビゲーションパネルを使用すると、Topology ビューに移動できます。アプリケーションをデプロイしたら、Graph view に自動的に移動します。ここでは、アプリケーション Pod のステータスの確認、パブリック URL でのアプリケーションへの迅速なアクセス、ソースコードへのアクセスとその変更、最終ビルドのステータスの確認ができます。ズームインおよびズームアウトにより、特定のアプリケーションの詳細を表示することができます。

Topology ビューは、List ビューを使用してアプリケーションを監視するオプションも提供します。List view アイコン ( odc list view icon ) を使用してすべてのアプリケーションの一覧を表示し、 Graph view アイコン ( odc topology view icon ) を使用してグラフビューに戻します。

以下を使用して、必要に応じてビューをカスタマイズできます。

  • Find by name フィールドを使用して、必要なコンポーネントを見つけます。検索結果は表示可能な領域外に表示される可能性があります。その場合、画面の左下のツールバーで Fit to Screen をクリックし、Topology ビューのサイズを変更して、すべてのコンポーネントを表示します。
  • Display Options ドロップダウンリストを使用して、各種アプリケーショングループの Topology ビューを設定します。選択可能なオプションは、プロジェクトにデプロイされるコンポーネントのタイプによって異なります。

    • モード (Connectivity または Consumption)

      • Connectivity: トポロジー内の異なるノード間の接続をすべて表示する際に選択します。
      • Consumption: トポロジー内のすべてのノードのリソース消費を表示する際に選択します。
    • Expand グループ

      • Virtual Machines: 仮想マシンを表示または非表示にするためにこれを切り替えます。
      • Application Groupings: アプリケーショングループとそれに関連するアラートの概要を使用して、アプリケーショングループをカードにまとめるには、これをクリアします。
      • Helm Releases: 指定のリリースの概要を使用して、Helm リリースとしてデプロイされたコンポーネントをカードにまとめるには、これをクリアします。
      • Knative Services: 指定のコンポーネントの概要を使用して Knative Service コンポーネントをカードにまとめるには、これをクリアします。
      • Operator Groupings: 指定のグループの概要を使用して Operator でデプロイされたコンポーネントをカードにまとめるには、これをクリアします。
    • Pod 数 または ラベルに基づく Show の要素

      • Pod Count: コンポーネントアイコンでコンポーネントの Pod 数を表示するためにこれを選択します。
      • Labels: コンポーネントラベルを表示または非表示にするためにこれを選択します。