5.3.2. 再作成ストラテジー

再作成ストラテジーは、基本的なロールアウト動作で、デプロイメントプロセスにコードを挿入するためのライフサイクルフックをサポートします。

再作成ストラテジー定義の例

strategy:
  type: Recreate
  recreateParams: 1
    pre: {} 2
    mid: {}
    post: {}

1
recreateParams はオプションです。
2
premid、および post はライフサイクルフックです。

再作成ストラテジー:

  1. pre ライフサイクルフックを実行します。
  2. 以前のデプロイメントをゼロにスケールダウンします。
  3. 任意の mid ライフサイクルフックを実行します。
  4. 新規デプロイメントをスケールアップします。
  5. post ライフサイクルフックを実行します。
重要

スケールアップ中に、デプロイメントのレプリカ数が複数ある場合は、デプロイメントの最初のレプリカが準備できているかどうかが検証されてから、デプロイメントが完全にスケールアップされます。最初のレプリカの検証に失敗した場合には、デプロイメントは失敗とみなされます。

再作成デプロイメントの使用のタイミング:

  • 新規コードを起動する前に、移行または他のデータの変換を行う必要がある場合
  • 以前のバージョンと新しいバージョンのアプリケーションコードの同時使用をサポートしていない場合
  • 複数のレプリカ間での共有がサポートされていない、RWO ボリュームを使用する場合

再作成デプロイメントでは、短い期間にアプリケーションのインスタンスが実行されなくなるので、ダウンタイムが発生します。ただし、以前のコードと新しいコードは同時には実行されません。