4.3.5. カスタム Helm チャートリポジトリーの追加

クラスター管理者は、カスタムの Helm チャートリポジトリーをクラスターに追加し、Developer Catalog のこれらのリポジトリーから Helm チャートへのアクセスを有効にできます。

手順

  1. 新規の Helm Chart リポジトリーを追加するには、Helm Chart Repository カスタムリソース (CR) をクラスターに追加する必要があります。

    Helm チャートリポジトリー CR のサンプル

    apiVersion: helm.openshift.io/v1beta1
    kind: HelmChartRepository
    metadata:
      name: <name>
    spec:
     # optional name that might be used by console
     # name: <chart-display-name>
      connectionConfig:
        url: <helm-chart-repository-url>

    たとえば、Azure サンプルチャートリポジトリーを追加するには、以下を実行します。

    $ cat <<EOF | oc apply -f -
    apiVersion: helm.openshift.io/v1beta1
    kind: HelmChartRepository
    metadata:
      name: azure-sample-repo
    spec:
      name: azure-sample-repo
      connectionConfig:
        url: https://raw.githubusercontent.com/Azure-Samples/helm-charts/master/docs
    EOF
  2. Web コンソールで Developer Catalog に移動し、チャートリポジトリーの Helm チャートが表示されることを確認します。

    たとえば、Chart リポジトリー フィルターを使用して、リポジトリーから Helm チャートを検索します。

    図4.2 チャートリポジトリーのフィルター

    odc helm chart repo filter
    注記

    クラスター管理者がすべてのチャートリポジトリーを削除する場合は、+Add ビュー、Developer Catalog、および左側のナビゲーションパネルで Helm オプションを表示できません。