4.2. 正常でない etcd メンバーの置き換え

本書では、単一の正常でない etcd メンバーを置き換えるプロセスについて説明します。

このプロセスは、マシンが実行されていないか、またはノードが準備状態にないことによって etcd メンバーが正常な状態にないか、または etcd Pod がクラッシュループしているためにこれが正常な状態にないかによって異なります。

注記

大多数のコントロールプレーンホスト (別名マスターホスト) が失われ、etcd のクォーラム (定足数) の損失が発生した場合は、この手順ではなく、直前のクラスター状態への復元 に向けた障害復旧手順を実行する必要があります。

コントロールプレーンの証明書が置き換えているメンバーで有効でない場合は、この手順ではなく、期限切れのコントロールプレーン証明書からの回復手順を実行する必要があります。

コントロールプレーンノードが失われ、新規ノードが作成される場合、etcd クラスター Operator は新規 TLS 証明書の生成と、ノードの etcd メンバーとしての追加を処理します。

4.2.1. 前提条件