4.3.3. コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー

4.3.3.1. コントロールプレーン証明書の期限切れの状態からのリカバリー

クラスターはコントロールプレーン証明書の期限切れの状態から自動的に回復できます。

ただし、kubelet 証明書を回復するために保留状態の node-bootstrapper 証明書署名要求 (CSR)を手動で承認する必要があります。ユーザーによってプロビジョニングされるインストールの場合は、保留中の kubelet 提供の CSR を承認しないといけない場合があります。

保留中の CSR を承認するには、以下の手順に従います。

手順

  1. 現在の CSR の一覧を取得します。

    $ oc get csr

    出力例

    NAME        AGE    SIGNERNAME                                    REQUESTOR                                                                   CONDITION
    csr-2s94x   8m3s   kubernetes.io/kubelet-serving                 system:node:<node_name>                                                     Pending 1
    csr-4bd6t   8m3s   kubernetes.io/kubelet-serving                 system:node:<node_name>                                                     Pending 2
    csr-4hl85   13m    kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending 3
    csr-zhhhp   3m8s   kubernetes.io/kube-apiserver-client-kubelet   system:serviceaccount:openshift-machine-config-operator:node-bootstrapper   Pending 4
    ...

    1 2
    保留中の kubelet サービス CSR (ユーザーがプロビジョニングしたインストール用)。
    3 4
    保留中の node-bootstrapper CSR。
  2. CSR の詳細をレビューし、これが有効であることを確認します。

    $ oc describe csr <csr_name> 1
    1
    <csr_name> は、現行の CSR の一覧からの CSR の名前です。
  3. それぞれの有効な node-bootstrapper CSR を承認します。

    $ oc adm certificate approve <csr_name>
  4. ユーザーによってプロビジョニングされるインストールの場合は、それぞれの有効な kubelet 提供の CSR を承認します。

    $ oc adm certificate approve <csr_name>