第9章 ネットワークが制限された環境でのクラスターの更新

oc コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用してネットワークが制限された OpenShift Container Platform クラスターを更新できます。

ネットワークが制限された環境とは、クラスターノードがインターネットにアクセスできない環境のことです。このため、レジストリーにはインストールイメージを設定する必要があります。レジストリーホストがインターネットとクラスターの両方にアクセスできない場合、その環境から切断されたファイルシステムにイメージをミラーリングし、そのホストまたはリムーバブルメディアを非接続環境に置きます。ローカルコンテナーレジストリーとクラスターがミラーレジストリーのホストに接続されている場合、リリースイメージをローカルレジストリーに直接プッシュできます。

複数のクラスターがネットワークが制限されたネットワークに存在する場合、必要なリリースイメージを単一のコンテナーイメージレジストリーにミラーリングし、そのレジストリーを使用してすべてのクラスターを更新します。

9.1. 前提条件

  • 必要なコンテナーイメージを取得するためのインターネットへのアクセスがあること。
  • イメージをプッシュおよびプルするために、ネットワークが制限された環境でコンテナーレジストリーへの書き込みアクセスがあること。コンテナーレジストリーは Docker レジストリー API v2 と互換性がある必要があります。
  • oc コマンドツールインターフェイス (CLI) ツールがインストールされていること。
  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにアクセスできること。RBAC の使用によるパーミッションの定義および適用 を参照してください。
  • 更新が失敗し、クラスターを直前の状態に復元する 必要がある場合に最新の etcd バックアップ があること。
  • すべてのマシン設定プール (MCP) が実行中であり、一時停止していないことを確認します。一時停止した MCP に関連付けられたノードは、更新プロセス中にスキップされます。カナリアロールアウト更新ストラテジーを実行している場合は、MCP を一時停止することができます。
  • クラスターで手動で保守される認証情報を使用する場合は、Cloud Credential Operator (CCO) がアップグレード可能な状態であることを確認します。AWSAzure、または GCP手動で保守される認証情報を使用したクラスターのアップグレードを参照してください。
重要

Prometheus の割り当てられた PVC を使用してクラスターモニターリングを実行している場合、クラスターの更新時に OOM による強制終了が生じる可能性があります。永続ストレージが Prometheus 用に使用される場合、Prometheus のメモリー使用量はクラスターの更新時、および更新の完了後の数時間で 2 倍になります。OOM による強制終了の問題を回避するには、ワーカーノードで、更新前に利用可能なメモリーのサイズを 2 倍にできるようにします。たとえば、推奨される最小ノード (RAM が 8 GB の 2 コア) でモニターリングを実行している場合は、メモリーを 16 GB に増やします。詳細は、BZ#1925061 を参照してください。