第5章 Web コンソールを使用してクラスターを更新

Web コンソールを使用して、OpenShift Container Platform クラスターの更新またはアップグレードを実行できます。次の手順は、マイナーバージョン内のクラスターを更新します。マイナーバージョン間でクラスターを更新する場合も、同じ手順を使用できます。

注記

oc を使用して更新チャネルを変更するのが容易ではないため、Web コンソールを使用して更新チャネルを変更します。Web コンソール内で更新プロセスを完了することが推奨されます。4.7 チャネルに変更した後、CLI を使用してクラスターを更新 手順に従って、更新を完了することができます。

5.1. 前提条件

  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにアクセスできること。RBAC の使用によるパーミッションの定義および適用 を参照してください。
  • 更新が失敗し、クラスターを直前の状態に復元する 必要がある場合に最新の etcd バックアップ があること。
  • Operator Lifecycle Manager (OLM) で以前にインストールされたすべての Operator が、最新チャネルの最新バージョンに更新されていることを確認します。Operator を更新することで、デフォルトの OperatorHub カタログが、クラスターのアップグレード時に現行のマイナーバージョンから次のマイナーバージョンに切り替わる際、確実に有効な更新パスがあるようにします。詳細は、インストールされた Operator のアップグレード を参照してください。
  • すべてのマシン設定プール (MCP) が実行中であり、一時停止していないことを確認します。一時停止した MCP に関連付けられたノードは、更新プロセス中にスキップされます。カナリアロールアウト更新ストラテジーを実行している場合は、MCP を一時停止することができます。
  • クラスターで手動で保守される認証情報を使用する場合は、Cloud Credential Operator (CCO) がアップグレード可能な状態であることを確認します。AWSAzure、または GCP手動で保守される認証情報を使用したクラスターのアップグレードを参照してください。
重要
  • 更新が完了しなかった場合、Cluster Version Operator (CVO) は、更新の調整を試みている間、ブロックしているコンポーネントのステータスを報告します。クラスターの以前のバージョンへのロールバックはサポートされていません。更新が完了しない場合は、Red Hat サポートに連絡してください。
  • unsupportedConfigOverrides セクションを使用して Operator の設定を変更することはサポートされておらず、クラスターの更新をブロックする可能性があります。クラスターを更新する前に、この設定を削除する必要があります。