Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.8. スコアカードツールを使用した Operator の検証

Operator の作成者は、Operator SDK でスコアカードツールを使用して以下のタスクを実行できます。

  • Operator プロジェクトに構文エラーがなく、正しくパッケージ化されていることを確認します。
  • Operator を強化する方法についての提案を確認します。

5.8.1. スコアカードツールについて

Operator SDK bundle validate サブコマンドは、コンテンツおよび構造のローカルバンドルディレクトリーおよびリモートバンドルイメージを検証することができますが、scorecard コマンドを使用して設定ファイルおよびテストイメージに基づいて Operator でテストを実行できます。これらのテストは、スコアカードによって実行されるよう設定され、ビルドされるテストイメージ内に実装されます。

スコアカードは、OpenShift Container Platform などの設定済みの Kubernetes クラスターへのアクセスと共に実行されることを前提とします。スコアカードは Pod 内で各テストを実行します。これにより Pod ログが集計され、テスト結果はコンソールに送信されます。スコアカードにはビルトインの基本的なテストおよび Operator Lifecycle Manager (OLM) テストがあり、カスタムテスト定義を実行する手段も提供します。

スコアカードのワークフロー

  1. 関連するカスタムリソース (CR) および Operator に必要なすべてのリソースを作成する
  2. プロキシーコンテナーを Operator のデプロイメントに作成し、API サーバーへの呼び出しを記録してテストを実行する
  3. CR のパラメーターを検査する

スコアカードテストは、テスト中の Operator の状態を想定しません。Operator の作成および Operator の CR の作成は、スコアカード自体では扱っていません。ただし、スコアカードテストは、テストがリソース作成用に設計されている場合は、必要なリソースをなんでも作成できます。

scorecard コマンド構文

$ operator-sdk scorecard <bundle_dir_or_image> [flags]

スコアカードには、Operator バンドルへのディスク上のパスまたはバンドルイメージの名前のいずれかの位置引数が必要です。

フラグの詳細については、以下を実行します。

$ operator-sdk scorecard -h