Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.9.3. サービスモニター

ServiceMonitor は、Prometheus Operator によって提供されるカスタマーリソースであり、 Service オブジェクトで Endpoints を検出し、Prometheus がこれらの Pod を監視するように設定します。

Operator SDK を使用して生成される Go ベースの Operator では、GenerateServiceMonitor() ヘルパー関数は Service オブジェクトを取り、これに基づいて ServiceMonitor オブジェクトを生成することができます。

追加リソース

5.9.3.1. サービスモニターの作成

Operator の作成者は、新規に作成されるサービスを受け入れる metrics.CreateServiceMonitor() ヘルパー関数を使用して、作成されたモニターリングサービスのサービスターゲット検出を追加できます。

前提条件

  • Operator SDK を使用して生成される Go ベースの Operator
  • Prometheus Operator がデプロイされた Kubernetes ベースのクラスター

手順

  • metrics.CreateServiceMonitor() ヘルパー関数を Operator コードに追加します。

    import(
        "k8s.io/api/core/v1"
        "github.com/operator-framework/operator-sdk/pkg/metrics"
        "machine.openshift.io/controller-runtime/pkg/client/config"
    )
    func main() {
    
        ...
        // Populate below with the Service(s) for which you want to create ServiceMonitors.
        services := []*v1.Service{}
        // Create one ServiceMonitor per application per namespace.
        // Change the below value to name of the Namespace you want the ServiceMonitor to be created in.
        ns := "default"
        // restConfig is used for talking to the Kubernetes apiserver
        restConfig := config.GetConfig()
    
        // Pass the Service(s) to the helper function, which in turn returns the array of ServiceMonitor objects.
        serviceMonitors, err := metrics.CreateServiceMonitors(restConfig, ns, services)
        if err != nil {
            // Handle errors here.
        }
        ...
    }