Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.5.2.3.2. カスタムリソース仕様の変更

Helm は 値 (value) という概念を使用して、values.yaml ファイルに定義される Helm チャートのデフォルトをカスタマイズします。

カスタムリソース (CR) 仕様に必要な値を設定し、これらのデフォルトを上書きすることができます。例としてレプリカ数を使用することができます。

手順

  1. helm-charts/nginx/values.yaml ファイルには、デフォルトで replicaCount という名前の値が 1 に設定されています。デプロイメントに 2 つの Nginx インスタンスを設定するには、CR 仕様に replicaCount: 2 が含まれる必要があります。

    config/samples/demo_v1_nginx.yaml ファイルを編集し、replicaCount: 2 を設定します。

    apiVersion: demo.example.com/v1
    kind: Nginx
    metadata:
      name: nginx-sample
    ...
    spec:
    ...
      replicaCount: 2
  2. 同様に、デフォルトのサービスポートは 80 に設定されます。8080 を使用するには、config/samples/demo_v1_nginx.yaml ファイルを編集し、spec.port: 8080 を設定します。これにより、サービスポートの上書きが追加されます。

    apiVersion: demo.example.com/v1
    kind: Nginx
    metadata:
      name: nginx-sample
    spec:
      replicaCount: 2
      service:
        port: 8080

Helm Operator は、helm install -f ./overrides.yaml コマンドのように、仕様全体を values ファイルの内容のように適用します。