Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3.2.3. API およびコントローラーの作成

Operator SDK CLI を使用してカスタムリソース定義 (CRD) API およびコントローラーを作成します。

手順

  1. 以下のコマンドを実行して、グループ cache、バージョン、v1、および種類 Memcached を指定して API を作成します。

    $ operator-sdk create api \
        --group=cache \
        --version=v1 \
        --kind=Memcached
  2. プロンプトが表示されたら y を入力し、リソースとコントローラーの両方を作成します。

    Create Resource [y/n]
    y
    Create Controller [y/n]
    y

    出力例

    Writing scaffold for you to edit...
    api/v1/memcached_types.go
    controllers/memcached_controller.go
    ...

このプロセスでは、api/v1/memcached_types.goMemcached リソース API が生成され、controllers/memcached_controller.go でコントローラーが生成されます。

5.3.2.3.1. API の定義

Memcached カスタムリソース (CR) の API を定義します。

手順

  1. api/v1/memcached_types.go で Go タイプの定義を変更し、以下の spec および status を追加します。

    // MemcachedSpec defines the desired state of Memcached
    type MemcachedSpec struct {
    	// +kubebuilder:validation:Minimum=0
    	// Size is the size of the memcached deployment
    	Size int32 `json:"size"`
    }
    
    // MemcachedStatus defines the observed state of Memcached
    type MemcachedStatus struct {
    	// Nodes are the names of the memcached pods
    	Nodes []string `json:"nodes"`
    }
  2. リソースタイプ用に生成されたコードを更新します。

    $ make generate
    ヒント

    *_types.go ファイルの変更後は、make generate コマンドを実行し、該当するリソースタイプ用に生成されたコードを更新する必要があります。

    上記の Makefile ターゲットは controller-gen ユーティリティーを呼び出して、api/v1/zz_generated.deepcopy.go ファイルを更新します。これにより、API Go タイプの定義は、すべての Kind タイプが実装する必要のある runtime.Object インターフェイスを実装します。