Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.6. クラスターサービスバージョン (CSV) の定義

クラスターサービスバージョン (CSV) は、ClusterServiceVersion オブジェクトで定義され、Operator Lifecycle Manager (OLM) によるクラスターでの Operator の実行をサポートする Operator メタデータから作成される YAML マニフェストです。これは、ユーザーインターフェイスにロゴ、説明、およびバージョンなどの情報を設定するために使用される Operator コンテナーイメージに伴うメタデータです。CSV は、Operator が必要とする RBAC ルールやそれが管理したり、依存したりするカスタムリソース (CR) などの Operator の実行に必要な技術情報の情報源でもあります。

Operator SDK には、YAML マニフェストおよび Operator ソースファイルに含まれる情報を使用してカスタマイズされた現行 Operator プロジェクトの CSV を生成するための CSV ジェネレーターが含まれます。

CSV で生成されるコマンドにより、Operator の作成者が OLM について詳しく知らなくても、Operator は OLM と対話したり、メタデータをカタログレジストリーに公開したりできます。また、Kubernetes および OLM の新機能が実装される過程で CSV 仕様が変更される可能性が高いため、Operator SDK はその後の新規 CSV 機能を処理できるように更新システムを容易に拡張できるようになっています。

5.6.1. CSV 生成の仕組み

クラスターサービスバージョン (CSV) を含む Operator バンドルマニフェストは、Operator Lifecycle Manager (OLM) でアプリケーションを表示、作成、および管理する方法を説明します。generate bundle サブコマンドによって呼び出される Operator SDK の CSV ジェネレーターは、Operator をカタログに公開し、これを OLM でデプロイする最初の手順になります。サブコマンドには、CSV マニフェストを作成するための特定の入力マニフェストが必要です。すべての入力は、コマンドが CSV ベースと共に呼び出される際に読み取られ、べき等性で CSV を生成したり、再生成したりします。

通常は、generate kustomize manifests サブコマンドが最初に実行され、generate bundle サブコマンドで使用される入力された Kustomize ベースを生成します。ただし、Operator SDK は make bundle コマンドを提供します。これは、以下のサブコマンドを順番に実行するなどの複数のタスクを自動化します。

  1. generate kustomize manifests
  2. generate bundle
  3. bundle validate

追加リソース

5.6.1.1. 生成されるファイルおよびリソース

make bundle コマンドは、以下のファイルおよびディレクトリーを Operator プロジェクトに作成します。

  • ClusterServiceVersion (CSV) オブジェクトを含む bundle/manifests という名前のバンドルマニフェストディレクトリー
  • bundle/metadata という名前のバンドルメタデータディレクトリー
  • config/crd ディレクトリー内のすべてのカスタムリソース定義 (CRD)
  • Dockerfile bundle.Dockerfile

通常、以下のリソースは CSV に含まれます。

ロール
namespace 内で Operator パーミッションを定義します。
ClusterRole
クラスター全体の Operator パーミッションを定義します。
デプロイメント
Operator のオペランドが Pod で実行される方法を定義します。
CustomResourceDefinition (CRD)
Operator が調整するカスタムリソースを定義します。
カスタムリソースの例
特定の CRD の仕様に従ったリソースの例。

5.6.1.2. バージョンの管理

generate bundle サブコマンドの --version フラグは、バンドルの初回作成時および既存バンドルのアップグレード時に、バンドルのセマンティックバージョンを提供します。

MakefileVERSION 変数を設定することで、--version フラグは、generate bundle サブコマンドが make bundle コマンドによって実行される際に、値を使用して自動的に呼び出されます。CSV バージョンは Operator のバージョンと同じであり、新規 CSV は Operator バージョンのアップグレード時に生成されます。