Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.6.8.4. CRD テンプレート

Operator のユーザーは、どのオプションが必須またはオプションであるかを認識している必要があります。alm-examples という名前のアノテーションとして、設定の最小セットを使用して、各カスタムリソース定義 (CRD) のテンプレートを提供できます。互換性のある UI は、ユーザーがさらにカスタマイズできるようにこのテンプレートの事前入力を行います。

アノテーションは、Kind の一覧で設定されます (例: CRD 名および Kubernetes オブジェクトの対応する metadata および spec)。

以下の詳細の例では、EtcdClusterEtcdBackup および EtcdRestore のテンプレートを示しています。

metadata:
  annotations:
    alm-examples: >-
      [{"apiVersion":"etcd.database.coreos.com/v1beta2","kind":"EtcdCluster","metadata":{"name":"example","namespace":"default"},"spec":{"size":3,"version":"3.2.13"}},{"apiVersion":"etcd.database.coreos.com/v1beta2","kind":"EtcdRestore","metadata":{"name":"example-etcd-cluster"},"spec":{"etcdCluster":{"name":"example-etcd-cluster"},"backupStorageType":"S3","s3":{"path":"<full-s3-path>","awsSecret":"<aws-secret>"}}},{"apiVersion":"etcd.database.coreos.com/v1beta2","kind":"EtcdBackup","metadata":{"name":"example-etcd-cluster-backup"},"spec":{"etcdEndpoints":["<etcd-cluster-endpoints>"],"storageType":"S3","s3":{"path":"<full-s3-path>","awsSecret":"<aws-secret>"}}}]