Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.11.5.2. kustomize

generate kustomize サブコマンドには、Operator の Kustomize データを生成するサブコマンドが含まれます。

5.11.5.2.1. manifests

generate kustomize manifests は Kustomize ベースを生成または再生成し、kustomization.yaml ファイルを config/manifests ディレクトリーに生成または再生成します。これは、他の Operator SDK コマンドでバンドルマニフェストをビルドするために使用されます。このコマンドは、ベースがすでに存在しない場合や --interactive=false フラグが設定されていない場合に、デフォルトでマニフェストベースの重要なコンポーネントである UI メタデータを対話的に要求します。

表5.24 generate kustomize manifests フラグ

フラグ説明

--apis-dir (文字列)

API タイプ定義のルートディレクトリー。

-h, --help

generate kustomize manifests のヘルプ。

--input-dir (文字列)

既存の Kustomize ファイルを含むディレクトリー。

--interactive

false に設定すると、Kustomize ベースが存在しない場合は、対話式コマンドプロンプトがカスタムメタデータを受け入れるように表示されます。

--output-dir (文字列)

Kustomize ファイルを書き込むディレクトリー。

--package (文字列)

パッケージ名。

-q--quiet

quiet モードで実行します。