Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.4.5. Kubernetes Collection for Ansible

Ansible を使用して Kubernetes でアプリケーションのライフサイクルを管理するには、Kubernetes Collection for Ansible を使用できます。この Ansible モジュールのコレクションにより、開発者は既存の Kubernetes リソースファイル (YAML で作成されている) を利用するか、またはネイティブの Ansible でライフサイクル管理を表現することができます。

Ansible を既存の Kubernetes リソースファイルと併用する最大の利点の 1 つに、Ansible のいくつかを変数のみを使う単純な方法でのリソースのカスタマイズを可能にする Jinja テンプレートを使用できる点があります。

このセクションでは、Kubernetes コレクションの使用法を詳細に説明します。使用を開始するには、Playbook を使用してローカルワークステーションにコレクションをインストールし、これをテストしてから、Operator 内での使用を開始します。

5.4.5.1. Kubernetes Collection for Ansible のインストール

Kubernetes Collection for Ansible をローカルワークステーションにインストールできます。

手順

  1. Ansible 2.9+ をインストールします。

    $ sudo dnf install ansible
  2. OpenShift python クライアント パッケージをインストールします。

    $ pip3 install openshift
  3. 以下の方法のいずれかを使用して、Kubernetes コレクションをインストールします。

    • コレクションは、Ansible Galaxy から直接インストールできます。

      $ ansible-galaxy collection install community.kubernetes
    • Operator がすでに初期化されている場合は、プロジェクトのトップレベルに requirements.yml ファイルがあるかもしれません。このファイルは、Operator が機能するためにインストールする必要のある Ansible 依存関係を指定します。デフォルトで、このファイルは community.kubernetes コレクションと operator_sdk.util コレクションをインストールします。これは、Operator 固有の機能のモジュールおよびプラグインを提供します。

      requirements.yml ファイルから依存モジュールをインストールするには、以下を実行します。

      $ ansible-galaxy collection install -r requirements.yml