Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.2. インストールされた Operator のアップグレード

クラスター管理者は、OpenShift Container Platform クラスターで Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用し、以前にインストールされた Operator をアップグレードできます。

4.2.1. Operator の更新チャネルの変更

インストールされた Operator のサブスクリプションは、Operator の更新を追跡し、受信するために使用される更新チャネルを指定します。Operator をアップグレードして新規チャネルからの更新の追跡および受信を開始するために、サブスクリプションで更新チャネルを変更できます。

サブスクリプションの更新チャネルの名前は Operator 間で異なる可能性がありますが、命名スキームは指定された Operator 内の一般的な規則に従う必要があります。たとえば、チャネル名は Operator によって提供されるアプリケーションのマイナーリリース更新ストリーム (1.21.3) またはリリース頻度 (stablefast) に基づく可能性があります。

注記

インストールされた Operator は、現在のチャネルよりも古いチャネルに切り換えることはできません。

サブスクリプションの承認ストラテジーが Automatic に設定されている場合、アップグレードプロセスは、選択したチャネルで新規 Operator バージョンが利用可能になるとすぐに開始します。承認ストラテジーが Manual に設定されている場合、保留中のアップグレードを手動で承認する必要があります。

前提条件

  • Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用して以前にインストールされている Operator。

手順

  1. OpenShift Container Platform Web コンソールの Administrator パースペクティブで、Operators → Installed Operators に移動します。
  2. 更新チャネルを変更する Operator の名前をクリックします。
  3. Subscription タブをクリックします。
  4. Channel の下にある更新チャネルの名前をクリックします。
  5. 変更する新しい更新チャネルをクリックし、Save をクリックします。
  6. Automatic 承認ストラテジーのあるサブスクリプションの場合、アップグレードは自動的に開始します。Operators → Installed Operators ページに戻り、アップグレードの進捗をモニターします。完了時に、ステータスは Succeeded および Up to date に変更されます。

    Manual 承認ストラテジーのあるサブスクリプションの場合、Subscription タブからアップグレードを手動で承認できます。