Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.6.2. Operator 条件を使用するための Operator の更新

Operator Lifecycle Manager (OLM) は、調整する ClusterServiceVersion リソースごとに OperatorCondition リソースを自動的に作成します。CSV のすべてのサービスアカウントには、Operator が所有する OperatorCondition と対話するための RBAC が付与されます。

Operator の作成者は、Operator が OLM によってデプロイされた後に、独自の条件を設定できるように Operator を開発し、operator-lib ライブラリーを使用することができます。Operator 条件を Operator 作成者として設定するためのロジックの作成についての詳細は、Operator SDK ドキュメントを参照してください。

4.6.2.1. デフォルトの設定

後方互換性を維持するために、OLM は OperatorCondition リソースがない状態を条件からのオプトアウトとして扱います。そのため、Operator 条件の使用にオプトインする Operator は、Pod の ready プローブが true に設定される前に、デフォルトの条件を設定する必要があります。これにより、Operator には、条件を正しい状態に更新するための猶予期間が与えられます。