Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4.4. Operator Lifecycle Manager の依存関係の解決

以下で、OpenShift Container Platform の Operator Lifecycle Manager (OLM) での依存関係の解決およびカスタムリソース定義 (CRD) アップグレードライフサイクルについて説明します。

2.4.4.1. 依存関係の解決

OLM は、実行中の Operator の依存関係の解決およびアップグレードライフサイクルを管理します。多くの場合、OLM が直面する問題は yumrpm などの他のオペレーティングシステムパッケージマネージャーと同様です。

ただし、OLM にはあるものの、通常同様のシステムにはない 1 つの制約があります。Opearator は常に実行されており、OLM は相互に機能しない Operator のセットの共存を防ごうとします。

つまり、OLM は以下を行うことができません。

  • 提供できない API を必要とする Operator のセットのインストール
  • Operator と依存関係のあるものに障害を発生させる仕方での Operator の更新