Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.6. Red Hat が提供する Operator カタログ

2.6.1. Operator カタログについて

Operator カタログは、Operator Lifecycle Manager (OLM) がクエリーを行い、Operator およびそれらの依存関係をクラスターで検出し、インストールできるメタデータのリポジトリーです。OLM は最新バージョンのカタログから Operator を常にインストールします。OpenShift Container Platform 4.6 の時点で、Red Hat が提供するカタログは インデックスイメージ を使用して提供されています。

Operator Bundle Format に基づくインデックスイメージは、カタログのコンテナー化されたスナップショットです。これは、Operator マニフェストコンテンツのセットへのポインターのデータベースが含まれるイミュータブルなアーティファクトです。カタログはインデックスイメージを参照し、クラスター上の OLM のコンテンツを調達できます。

注記

OpenShift Container Platform 4.6 以降では、Red Hat が提供するインデックスイメージは、以前のバージョンの OpenShift Container Platform 4 用に配布される非推奨の Package Manifest Format に基づいて、App Registry カタログイメージを置き換えます。OpenShift Container Platform 4.6 以降については、App Registry カタログイメージは Red Hat によって提供されませんが、Package Manifest Format に基づくカスタムカタログイメージは引き続きサポートされます。

カタログが更新されると、Operator の最新バージョンが変更され、それ以前のバージョンが削除または変更される可能性があります。さらに OLM がネットワークが制限された環境の OpenShift Container Platform クラスターで実行される場合、最新のコンテンツをプルするためにインターネットからカタログに直接アクセスすることはできません。

クラスター管理者は、Red Hat が提供するカタログをベースとして使用して、またはゼロから独自のカスタムインデックスイメージを作成できます。これを使用して、クラスターのカタログコンテンツを調達できます。独自のインデックスイメージの作成および更新により、クラスターで利用可能な Operator のセットをカスタマイズする方法が提供され、また前述のネットワークが制限された環境の問題を回避することができます。

重要

カスタムカタログイメージを作成する場合、OpenShift Container Platform 4 の以前のバージョンでは、複数のリリースで非推奨となった oc adm catalog build コマンドの使用が必要でした。OpenShift Container Platform 4.6 以降の Red Hat が提供するインデックスイメージの可用性により、カタログビルダーは、oc adm catalog build コマンドが今後のリリースで削除される前に、opm index コマンドを使用してインデックスイメージを管理できるように切り換える必要があります。