Menu Close

4.9. ネットワークが制限された環境での Operator Lifecycle Manager の使用

ネットワークが制限された環境 ( 非接続クラスター としても知られる) にインストールされている OpenShift Container Platform クラスターの場合、デフォルトで Operator Lifecycle Manager (OLM) はリモートレジストリーでホストされる Red Hat が提供する OperatorHub ソースにアクセスできません。それらのリモートソースには完全なインターネット接続が必要であるためです。

ただし、クラスター管理者は、完全なインターネットアクセスのあるワークステーションがある場合には、クラスターがネットワークが制限された環境で OLM を使用できるようにできます。ワークステーションは、リモートソースのローカルミラーを準備するために使用され、コンテンツをミラーレジストリーにプッシュしますが、これにはリモートの OperatorHub コンテンツをプルするのに完全なインターネットアクセスが必要になります。

ミラーレジストリーは bastion ホストに配置することができます。bastion ホストには、ワークステーションと非接続クラスターの両方への接続、または完全に切断されたクラスター、またはミラーリングされたコンテンツを非接続環境に物理的に移動するためにリムーバブルメディアが必要な エアギャップ ホストへの接続が必要です。

以下では、ネットワークが制限された環境で OLM を有効にするために必要な以下のプロセスについて説明します。

  • OLM のデフォルトのリモート OperatorHub ソースを無効にします。
  • 完全なインターネットアクセスのあるワークステーションを使用して、OperatorHub コンテンツのローカルミラーを作成し、これをミラーレジストリーにプッシュします。
  • OLM を、デフォルトのリモートソースからではなくミラーレジストリーのローカルソースから Operator をインストールし、管理するように設定します。

ネットワークが制限された環境で OLM を有効にした後も、引き続き制限のないワークステーションを使用して、Operator の新しいバージョンが更新されるとローカルの OperatorHub ソースを更新された状態に維持することができます。

重要

OLM はローカルソースから Operator を管理できますが、指定された Operator がネットワークが制限された環境で正常に実行されるかどうかは Operator 自体に依存します。以下は、Operator の特長です。

  • 関連するイメージ、または Operator がそれらの機能を実行するために必要となる可能性のある他のコンテナーイメージを ClusterServiceVersion (CSV) オブジェクトの relatedImages パラメーターで一覧表示します。
  • 指定されたすべてのイメージを、タグではなくダイジェスト (SHA) で参照します。

非接続モードでの実行をサポートする Red Hat Operator の一覧については、以下の Red Hat ナレッジベースの記事を参照してください。

https://access.redhat.com/articles/4740011

4.9.1. 前提条件

  • cluster-admin 権限を持つユーザーとして OpenShift Container Platform クラスターにログインします。
  • デフォルトカタログをプルーニングし、Operator のサブセットのみを選択的にミラーリングするには、opm CLI をインストールします。
注記

IBM Z のネットワークが制限された環境で OLM を使用している場合は、レジストリーを配置するディレクトリーに 12 GB 以上を割り当てる必要があります。