Menu Close

2.2. Operator Framework パッケージ形式

以下で、OpenShift Container Platform の Operator Lifecycle Manager (OLM) によってサポートされる Operator のパッケージ形式について説明します。

2.2.1. Bundle Format

Operator の Bundle Format は、Operator Framework によって導入される新しいパッケージ形式です。スケーラビリティーを向上させ、アップストリームユーザーがより効果的に独自のカタログをホストできるようにするために、Bundle Format 仕様は Operator メタデータのディストリビューションを単純化します。

Operator バンドルは、Operator の単一バージョンを表します。ディスク上の バンドルマニフェスト は、Kubernetes マニフェストおよび Operator メタデータを保存する実行不可能なコンテナーイメージである バンドルイメージ としてコンテナー化され、提供されます。次に、バンドルイメージの保存および配布は、podmandocker、および Quay などのコンテナーレジストリーを使用して管理されます。

Operator メタデータには以下を含めることができます。

  • Operator を識別する情報 (名前およびバージョンなど)。
  • UI を駆動する追加情報 (アイコンや一部のカスタムリソース(CR) など)。
  • 必須および提供される API。
  • 関連するイメージ。

マニフェストを Operator レジストリーデータベースに読み込む際に、以下の要件が検証されます。

  • バンドルには、アノテーションで定義された 1 つ以上のチャネルが含まれる必要がある。
  • すべてのバンドルには、1 つのクラスターサービスバージョン (CSV) がある。
  • CSV がクラスターリソース定義 (CRD) を所有する場合、その CRD はバンドルに存在する必要がある。

2.2.1.1. マニフェスト

バンドルマニフェストは、Operator のデプロイメントおよび RBAC モデルを定義する Kubernetes マニフェストのセットを指します。

バンドルにはディレクトリーごとに 1 つの CSV が含まれ、通常は manifest/ ディレクトリーの CSV の所有される API を定義する CRD が含まれます。

Bundle Format のレイアウトの例

etcd
├── manifests
│   ├── etcdcluster.crd.yaml
│   └── etcdoperator.clusterserviceversion.yaml
│   └── secret.yaml
│   └── configmap.yaml
└── metadata
    └── annotations.yaml
    └── dependencies.yaml

その他のサポート対象のオブジェクト

以下のオブジェクトタイプは、バンドルの /manifests ディレクトリーにオプションとして追加することもできます。

サポート対象のオプションオブジェクトタイプ

  • ClusterRole
  • ClusterRoleBinding
  • ConfigMap
  • ConsoleYamlSample
  • PodDisruptionBudget
  • PriorityClass
  • PrometheusRule
  • ロール
  • RoleBinding
  • Secret
  • サービス
  • ServiceAccount
  • ServiceMonitor
  • VerticalPodAutoscaler

これらのオプションオブジェクトがバンドルに含まれる場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) はバンドルからこれらを作成し、CSV と共にそれらのライフサイクルを管理できます。

オプションオブジェクトのライフサイクル

  • CSV が削除されると、OLM はオプションオブジェクトを削除します。
  • CSV がアップグレードされると、以下を実行します。

    • オプションオブジェクトの名前が同じである場合、OLM はこれを更新します。
    • オプションオブジェクトの名前がバージョン間で変更された場合、OLM はこれを削除し、再作成します。

2.2.1.2. アノテーション

バンドルには、その metadata/ ディレクトリーに annotations.yaml ファイルも含まれます。このファイルは、バンドルをバンドルのインデックスに追加する方法についての形式およびパッケージ情報の記述に役立つ高レベルの集計データを定義します。

annotations.yaml の例

annotations:
  operators.operatorframework.io.bundle.mediatype.v1: "registry+v1" 1
  operators.operatorframework.io.bundle.manifests.v1: "manifests/" 2
  operators.operatorframework.io.bundle.metadata.v1: "metadata/" 3
  operators.operatorframework.io.bundle.package.v1: "test-operator" 4
  operators.operatorframework.io.bundle.channels.v1: "beta,stable" 5
  operators.operatorframework.io.bundle.channel.default.v1: "stable" 6

1
Operator バンドルのメディアタイプまたは形式。registry+v1 形式の場合、これに CSV および関連付けられた Kubernetes オブジェクトが含まれることを意味します。
2
Operator マニフェストが含まれるディレクトリーへのイメージのパス。このラベルは今後使用するために予約され、現時点ではデフォの manifests/ に設定されています。manifests.v1 の値は、バンドルに Operator マニフェストが含まれることを示します。
3
バンドルについてのメタデータファイルが含まれるディレクトリーへのイメージのパス。このラベルは今後使用するために予約され、現時点ではデフォの metadata/ に設定されています。metadata.v1 の値は、このバンドルに Operator メタデータがあることを意味します。
4
バンドルのパッケージ名。
5
Operator レジストリーに追加される際にバンドルがサブスクライブするチャネルの一覧。
6
レジストリーからインストールされる場合に Operator がサブスクライブされるデフォルトチャネル。
注記

一致しない場合、annotations.yaml ファイルは、これらのアノテーションに依存するクラスター上の Operator レジストリーのみがこのファイルにアクセスできるために権威を持つファイルになります。

2.2.1.3. 依存関係ファイル

Operator の依存関係は、バンドルの metadata/ フォルダー内の dependencies.yaml ファイルに一覧表示されます。このファイルはオプションであり、現時点では明示的な Operator バージョンの依存関係を指定するためにのみ使用されます。

依存関係の一覧には、依存関係の内容を指定するために各項目の type フィールドが含まれます。Operator の依存関係には、サポートされる 2 つのタイプがあります。

  • olm.package: このタイプは、特定の Operator バージョンの依存関係であることを意味します。依存関係情報には、パッケージ名とパッケージのバージョンを semver 形式で含める必要があります。たとえば、0.5.2 などの特定バージョンや >0.5.1 などのバージョンの範囲を指定することができます。
  • olm.gvk: gvk タイプの場合、作成者は CSV の既存の CRD および API ベースの使用方法と同様に group/version/kind (GVK) 情報で依存関係を指定できます。これは、Operator の作成者がすべての依存関係、API または明示的なバージョンを同じ場所に配置できるようにするパスです。

以下の例では、依存関係は Prometheus Operator および etcd CRD について指定されます。

dependencies.yaml ファイルの例

dependencies:
  - type: olm.package
    value:
      packageName: prometheus
      version: ">0.27.0"
  - type: olm.gvk
    value:
      group: etcd.database.coreos.com
      kind: EtcdCluster
      version: v1beta2

2.2.1.4. opm について

opm CLI ツールは、Operator Bundle Format で使用するために Operator Framework によって提供されます。このツールを使用して、ソフトウェアリポジトリーに相当する index と呼ばれるバンドルの一覧から Operator のカタログを作成し、維持することができます。結果として、インデックスイメージ というコンテナーイメージをコンテナーレジストリーに保存し、その後にクラスターにインストールできます。

インデックスには、コンテナーイメージの実行時に提供される組み込まれた API を使用してクエリーできる、Operator マニフェストコンテンツへのポインターのデータベースが含まれます。OpenShift Container Platform では、Operator Lifecycle Manager (OLM) はインデックスイメージを CatalogSource オブジェクトで参照し、これをカタログとして使用できます。これにより、クラスター上にインストールされた Operator への頻度の高い更新を可能にするためにイメージを一定の間隔でポーリングできます。

  • opm CLI のインストール手順については、「CLI ツール」を参照してください。