Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.5.2. OperatorHub アーキテクチャー

OperatorHub UI コンポーネントは、デフォルトで OpenShift Container Platform の openshift-marketplace namespace で Marketplace Operator によって実行されます。

2.5.2.1. OperatorHub カスタムリソース

Marketplace Operator は、OperatorHub で提供されるデフォルトの CatalogSource オブジェクトを管理する cluster という名前の OperatorHub カスタムリソース (CR) を管理します。このリソースを変更して、デフォルトのカタログを有効または無効にすることができます。これは、ネットワークが制限された環境で OpenShift Container Platform を設定する際に役立ちます。

OperatorHub カスタムリースの例

apiVersion: config.openshift.io/v1
kind: OperatorHub
metadata:
  name: cluster
spec:
  disableAllDefaultSources: true 1
  sources: [ 2
    {
      name: "community-operators",
      disabled: false
    }
  ]

1
disableAllDefaultSources は、OpenShift Container Platform のインストール時にデフォルトで設定されるすべてのデフォルトカタログの可用性を制御するオーバーライドです。
2
ソースごとに disabled パラメーター値を変更して、デフォルトのカタログを個別に無効にします。