Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4.5.10. マルチテナント Operator 管理の制限

OpenShift Container Platform では、クラスターに異なる Operator のバージョンを同時にインストールする場合のサポートは限定されます。Operator はコントロールプレーンの拡張機能です。すべてのテナントまたは namespace がクラスターの同じコントロールプレーンを共有します。そのため、マルチテナント環境のテナントも Operator を共有する必要があります。

Operator Lifecycle Manager(OLM) は、複数の異なる namespace に Operator を複数回インストールします。その 1 つの制約として、Operator の API バージョンは同じである必要があります。

Operator の異なるメジャーバージョンには、互換性のないカスタムリソース定義 (CRD) が含まれることがよくあります。これが原因で、OLM を迅速に検証することが困難になります。

2.4.5.10.1. 関連情報