Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4.6. Operator 条件

以下では、Operator Lifecycle Manager (OLM) による Operator 条件の使用方法について説明します。

2.4.6.1. Operator 条件について

Operator のライフサイクル管理のロールの一部として、Operator Lifecycle Manager (OLM) は、Operator を定義する Kubernetes リソースの状態から Operator の状態を推測します。このアプローチでは、Operator が特定の状態にあることをある程度保証しますが、推測できない情報を Operator が OLM と通信して提供する必要がある場合も多々あります。続いて、OLM がこの情報を使用して、Operator のライフサイクルをより適切に管理することができます。

OLM は、Operator が OLM に条件について通信できる OperatorCondition というカスタムリソース定義 (CRD) を提供します。OperatorCondition リソースの Status.Conditions 配列にある場合に、OLM による Operator の管理に影響するサポートされる条件のセットがあります。