Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.6.8.3. CRD のアップグレード

OLM は、単一のクラスターサービスバージョン (CSV) によって所有されている場合にはカスタムリソース定義 (CRD) をすぐにアップグレードします。CRD が複数の CSV によって所有されている場合、CRD は、以下の後方互換性の条件のすべてを満たす場合にアップグレードされます。

  • 現行 CRD の既存の有効にされたバージョンすべてが新規 CRD に存在する。
  • 検証が新規 CRD の検証スキーマに対して行われる場合、CRD の提供バージョンに関連付けられる既存インスタンスまたはカスタムリソースすべてが有効である。
5.6.8.3.1. 新規 CRD バージョンの追加

手順

CRD の新規バージョンを Operator に追加するには、以下を実行します。

  1. CSV の versions セクションに CRD リソースの新規エントリーを追加します。

    たとえば、現在の CRD にバージョン v1alpha1 があり、新規バージョン v1beta1 を追加し、これを新規のストレージバージョンとしてマークをする場合に、v1beta1 の新規エントリーを追加します。

    versions:
      - name: v1alpha1
        served: true
        storage: false
      - name: v1beta1 1
        served: true
        storage: true
    1
    新規エントリー。
  2. CSV が新規バージョンを使用する場合、CSV の owned セクションの CRD の参照バージョンが更新されていることを確認します。

    customresourcedefinitions:
      owned:
      - name: cluster.example.com
        version: v1beta1 1
        kind: cluster
        displayName: Cluster
    1
    version を更新します。
  3. 更新された CRD および CSV をバンドルにプッシュします。