Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

4.3. クラスターからの Operator の削除

以下では、OpenShift Container Platform クラスターで Operator Lifecycle Manager (OLM) を使用して、以前にインストールされた Operator をアップグレードする方法を説明します。

4.3.1. Web コンソールの使用によるクラスターからの Operator の削除

クラスター管理者は Web コンソールを使用して、選択した namespace からインストールされた Operator を削除できます。

前提条件

  • cluster-admin パーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスター Web コンソールにアクセスできること。

手順

  1. OperatorsInstalled Operators ページからスクロールするか、または Filter by name にキーワードを入力して必要な Operator を見つけます。次に、それをクリックします。
  2. Operator Details ページの右側で、Actions 一覧から Uninstall Operator を選択します。

    Uninstall Operator? ダイアログボックスが表示され、以下が通知されます。

    Operator を削除しても、そのカスタムリソース定義や管理リソースは削除されません。Operator がクラスターにアプリケーションをデプロイしているか、またはクラスター外のリソースを設定している場合、それらは引き続き実行され、手動でクリーンアップする必要があります。

    このアクションにより、Operator および Operator のデプロイメントおよび Pod が削除されます (ある場合)。CRD および CR を含む Operator によって管理される Operand およびリソースは削除されません。Web コンソールは、一部の Operator のダッシュボードおよびナビゲーションアイテムを有効にします。Operator のアンインストール後にこれらを削除するには、Operator CRD を手動で削除する必要があります。

  3. Uninstall を選択します。この Operator は実行を停止し、更新を受信しなくなります。