Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.3. Operator Framework の一般的な用語の用語集

このトピックでは、パッケージ形式 (Package Manifest Format および Bundle Format の両方) についての Operator Lifecycle Manager (OLM) および Operator SDK を含む、Operator Framework に関連する一般的な用語の用語集を提供します。

2.3.1. Common Operator Framework の一般的な用語

2.3.1.1. バンドル

Bundle Format では、バンドル は Operator CSV、マニフェスト、およびメタデータのコレクションです。さらに、それらはクラスターにインストールできる一意のバージョンの Operator を形成します。

2.3.1.2. バンドルイメージ

Bundle Format では、バンドルイメージ は Operator マニフェストからビルドされ、1 つのバンドルが含まれるコンテナーイメージです。バンドルイメージは、Quay.io または DockerHub などの Open Container Initiative (OCI) 仕様コンテナーレジストリーによって保存され、配布されます。

2.3.1.3. カタログソース

カタログソース は、CSV、CRD、およびアプリケーションを定義するパッケージのリポジトリーです。

2.3.1.4. カタログイメージ

Package Manifest Format で、カタログイメージ は、Operator メタデータのセットを記述し、OLM を使用してクラスターにインストールできるメタデータを更新するコンテナー化されたデータストアです。

2.3.1.5. チャネル

チャネル は Operator の更新ストリームを定義し、サブスクライバーの更新をロールアウトするために使用されます。ヘッドはそのチャネルの最新バージョンを参照します。たとえば stable チャネルには、Operator のすべての安定したバージョンが最も古いものから最新のものへと編成されます。

Operator には複数のチャネルを含めることができ、特定のチャネルへのサブスクリプションのバインドはそのチャネル内の更新のみを検索します。

2.3.1.6. チャネルヘッド

チャネルヘッド は、特定のチャネル内の最新の既知の更新を指します。

2.3.1.7. クラスターサービスバージョン

クラスターサービスバージョン (CSV) は、クラスターでの Operator の実行に使用される Operator メタデータから作成される YAML マニフェストです。これは、ユーザーインターフェースにロゴ、説明、およびバージョンなどの情報を設定するために使用される Operator コンテナーイメージに伴うメタデータです。

CSV は、Operator が必要とする RBAC ルールやそれが管理したり、依存したりするカスタムリソース (CR) などの Operator の実行に必要な技術情報の情報源でもあります。

2.3.1.8. 依存関係

Operator はクラスターに存在する別の Operator への 依存関係 を持つ場合があります。たとえば、Vault Operator にはそのデータ永続層について etcd Operator への依存関係があります。

OLM は、インストールフェーズで指定されたすべてのバージョンの Operator および CRD がクラスターにインストールされていることを確認して依存関係を解決します。この依存関係は、必要な CRD API を満たすカタログの Operator を検索し、インストールすることで解決され、パッケージまたはバンドルには関連しません。

2.3.1.9. インデックスイメージ

Bundle Format で、インデックスイメージ は、すべてのバージョンの CSV および CRD を含む Operator バンドルについての情報が含まれるデータベースのイメージ (データベーススナップショット) を指します。このインデックスは、クラスターで Operator の履歴をホストでき、opm CLI ツールを使用して Operator を追加または削除することで維持されます。

2.3.1.10. インストール計画

インストール計画 は、CSV を自動的にインストールするか、またはアップグレードするために作成されるリソースの計算された一覧です。

2.3.1.11. Operator グループ

Operator グループ は、 OperatorGroup オブジェクトと同じ namespace にデプロイされたすべての Operator を、namespace の一覧またはクラスター全体でそれらの CR を監視できるように設定します。

2.3.1.12. パッケージ

Bundle Format で、パッケージ は Operator のリリースされたすべての履歴をそれぞれのバージョンで囲むディレクトリーです。Operator のリリースされたバージョンは、CRD と共に CSV マニフェストに記述されます。

2.3.1.13. レジストリー

レジストリー は、Operator のバンドルイメージを保存するデータベースで、それぞれにすべてのチャネルの最新バージョンおよび過去のバージョンすべてが含まれます。

2.3.1.14. サブスクリプション

サブスクリプション は、パッケージのチャネルを追跡して CSV を最新の状態に保ちます。

2.3.1.15. 更新グラフ

更新グラフ は、他のパッケージ化されたソフトウェアの更新グラフと同様に、CSV の複数のバージョンを 1 つにまとめます。Operator を順番にインストールすることも、特定のバージョンを省略することもできます。更新グラフは、新しいバージョンが追加されている状態でヘッドでのみ拡張することが予想されます。