Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.4.2. Operator Lifecycle Manager アーキテクチャー

以下では、OpenShift Container Platform における Operator Lifecycle Manager (OLM) のコンポーネントのアーキテクチャーを説明します。

2.4.2.1. コンポーネントのロール

Operator Lifecycle Manager (OLM) は、OLM Operator および Catalog Operator の 2 つの Operator で設定されています。

これらの Operator はそれぞれ OLM フレームワークのベースとなるカスタムリソース定義 (CRD) を管理します。

表2.2 OLM およびカタログ Operator で管理される CRD

リソース短縮名所有する Operator説明

ClusterServiceVersion (CSV)

csv

OLM

アプリケーションのメタデータ: 名前、バージョン、アイコン、必須リソース、インストールなど。

InstallPlan

ip

カタログ

CSV を自動的にインストールするか、またはアップグレードするために作成されるリソースの計算された一覧。

CatalogSource

catsrc

カタログ

CSV、CRD、およびアプリケーションを定義するパッケージのリポジトリー。

サブスクリプション

sub

カタログ

パッケージのチャネルを追跡して CSV を最新の状態に保つために使用されます。

OperatorGroup

og

OLM

OperatorGroup オブジェクトと同じ namespace にデプロイされたすべての Operator を、namespace の一覧またはクラスター全体でカスタムリソース (CR) を監視できるように設定します。

これらの Operator のそれぞれは以下のリソースの作成も行います。

表2.3 OLM およびカタログ Operator によって作成されるリソース

リソース所有する Operator

Deployments

OLM

ServiceAccounts

(Cluster)Role

(Cluster)RoleBinding

CustomResourceDefinitions (CRDs)

カタログ

ClusterServiceVersions