Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第6章 クラスター Operator のリファレンス

このリファレンスガイドは、OpenShift Container Platform のアーキテクチャー基盤として機能する、Red Hat が出荷する クラスター Operator のインデックスを作成します。クラスター Operator は、特に明記されていない限り、デフォルトでインストールされ、Cluster Version Operator (CVO) により管理されます。コントロールプレーンアーキテクチャーの詳細はOpenShift Container Platform の Operator を参照してください。

クラスター管理者は、OpenShift Container Platform Web コンソールの管理クラスター設定ページからクラスター Operator を表示できます。

注記

クラスター Operator は、Operator Lifecycle Manager (OLM) および Operator Hub では管理されていません。OLM と Operator Hub は、Operator Framework の一部で、オプションのアドオン Operator のインストールおよび実行時に OpenShift Container Platform で使用されます。

6.1. Cloud Credential Operator

目的

Cloud Credential Operator (CCO) は、クラウドプロバイダーの認証情報を Kubernetes カスタムリソース定義 (CRD) として管理します。CCO は CredentialsRequest カスタムリソース (CR) で同期し、OpenShift Container Platform コンポーネントが、クラスターの実行に必要な特定のパーミッションと共にクラウドプロバイダーの認証情報を要求できるようにします。

install-config.yaml ファイルで credentialsMode パラメーターに異なる値を設定すると、CCO は複数の異なるモードで動作するように設定できます。モードが指定されていない場合や、credentialsMode パラメーターが空の文字列 ("") に設定されている場合は、CCO はデフォルトモードで動作します。

プロジェクト

openshift-cloud-credential-operator

CRD

  • credentialsrequests.cloudcredential.openshift.io

    • スコープ: Namespaced
    • CR: CredentialsRequest
    • 検証: Yes

設定オブジェクト

必要な設定はありません。

関連情報