Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第3章 ユーザータスク

3.1. インストールされた Operator からのアプリケーションの作成

以下では、開発者を対象に、OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して、インストールされた Operator からアプリケーションを作成する例を示します。

3.1.1. Operator を使用した etcd クラスターの作成

この手順では、Operator Lifecycle Manager (OLM) で管理される etcd Operator を使用した新規 etcd クラスターの作成について説明します。

前提条件

  • OpenShift Container Platform 4.7 クラスターへのアクセス
  • 管理者によってクラスターにすでにインストールされている etcd Operator

手順

  1. この手順を実行するために OpenShift Container Platform Web コンソールで新規プロジェクトを作成します。この例では、my-etcd というプロジェクトを使用します。
  2. Operators → Installed Operators ページに移動します。クラスター管理者によってクラスターにインストールされ、使用可能にされた Operator がクラスターサービスバージョン (CSV) の一覧としてここに表示されます。CSV は Operator によって提供されるソフトウェアを起動し、管理するために使用されます。

    ヒント

    以下を使用して、CLI でこの一覧を取得できます。

    $ oc get csv
  3. Installed Operators ページで、etcd Operator をクリックして詳細情報および選択可能なアクションを表示します。

    Provided APIs に表示されているように、この Operator は 3 つの新規リソースタイプを利用可能にします。これには、etcd クラスター (EtcdCluster リソース) のタイプが含まれます。これらのオブジェクトは、Deployment または ReplicaSet などの組み込み済みのネイティブ Kubernetes オブジェクトと同様に機能しますが、これらには etcd を管理するための固有のロジックが含まれます。

  4. 新規 etcd クラスターを作成します。

    1. etcd Cluster API ボックスで、Create instance をクリックします。
    2. 次の画面では、クラスターのサイズなど EtcdCluster オブジェクトのテンプレートを起動する最小条件への変更を加えることができます。ここでは Create をクリックして確定します。これにより、Operator がトリガーされ、Pod、サービス、および新規 etcd クラスターの他のコンポーネントが起動します。
  5. example etcd クラスターをクリックしてから Resources タブをクリックして、プロジェクトに Operator によって自動的に作成され、設定された数多くのリソースが含まれることを確認します。

    Kubernetes サービスが作成され、プロジェクトの他の Pod からデータベースにアクセスできることを確認します。

  6. 所定プロジェクトで edit ロールを持つすべてのユーザーは、クラウドサービスのようにセルフサービス方式でプロジェクトにすでに作成されている Operator によって管理されるアプリケーションのインスタンス (この例では etcd クラスター) を作成し、管理し、削除することができます。この機能を持つ追加のユーザーを有効にする必要がある場合、プロジェクト管理者は以下のコマンドを使用してこのロールを追加できます。

    $ oc policy add-role-to-user edit <user> -n <target_project>

これで、etcd クラスターは Pod が正常でなくなったり、クラスターのノード間で移行する際の障害に対応し、データのリバランスを行います。最も重要な点として、適切なアクセスを持つクラスター管理者または開発者は独自のアプリケーションでデータベースを簡単に使用できるようになります。