Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3. Go ベースの Operator

5.3.1. Go ベースの Operator の Operator SDK の使用を開始する

Operator SDK によって提供されるツールおよびライブラリーを使用して Go ベースの Operator をセットアップし、実行することに関連した基本内容を示すには、Operator 開発者は Go ベースの Memcached の Operator のサンプル、分散キー/値のストアをビルドして、クラスターへデプロイすることができます。

5.3.1.1. 前提条件

5.3.1.2. Go ベースの Operator の作成およびデプロイ

Operator SDK を使用して Memcached の単純な Go ベースの Operator をビルドし、デプロイできます。

手順

  1. プロジェクトを作成します。

    1. プロジェクトディレクトリーを作成します。

      $ mkdir memcached-operator
    2. プロジェクトディレクトリーに移動します。

      $ cd memcached-operator
    3. operator-sdk init コマンドを実行してプロジェクトを初期化します。

      $ operator-sdk init \
          --domain=example.com \
          --repo=github.com/example-inc/memcached-operator

      このコマンドは、デフォルトで Go プラグインを使用します。

    4. Go ベースの Operator を OpenShift Container Platform で実行できるようにするには、config/manager/manager.yaml ファイルを編集し、以下の行を置き換えます。

      runAsUser: 65532

      以下の行に置き換えます。

      runAsNonRoot: true
      注記

      この手順は、Go ベースの Operator のみに必要な一時的な回避策です。詳細は、BZ#1914406 を参照してください。

  2. API を作成します。

    単純な Memcached API を作成します。

    $ operator-sdk create api \
        --resource=true \
        --controller=true \
        --group cache \
        --version v1 \
        --kind Memcached
  3. Operator イメージをビルドし、プッシュします。

    デフォルトの Makefile ターゲットを使用して Operator をビルドし、プッシュします。プッシュ先となるレジストリーを使用するイメージのプル仕様を使用して IMG を設定します。

    $ make docker-build docker-push IMG=<registry>/<user>/<image_name>:<tag>
  4. Operator を実行します。

    1. CRD をインストールします。

      $ make install
    2. プロジェクトをクラスターにデプロイします。IMG をプッシュしたイメージに設定します。

      $ make deploy IMG=<registry>/<user>/<image_name>:<tag>
  5. サンプルカスタムリソース (CR) を作成します。

    1. サンプル CR を作成します。

      $ oc apply -f config/samples/cache_v1_memcached.yaml \
          -n memcached-operator-system
    2. Operator を調整する CR を確認します。

      $ oc logs deployment.apps/memcached-operator-controller-manager \
          -c manager \
          -n memcached-operator-system
  6. クリーンアップします。

    以下のコマンドを実行して、この手順の一部として作成されたリソースをクリーンアップします。

    $ make undeploy

5.3.1.3. 次のステップ