Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第5章 Operator の開発

5.1. Operator SDK について

Operator FrameworkOperator と呼ばれる Kubernetes ネイティブアプリケーションを効果的かつ自動化された拡張性のある方法で管理するためのオープンソースツールキットです。Operator は Kubernetes の拡張性を利用して、プロビジョニング、スケーリング、バックアップおよび復元などのクラウドサービスの自動化の利点を提供し、同時に Kubernetes が実行される場所であればどこでも実行することができます。

Operator により、Kubernetes の上部の複雑で、ステートフルなアプリケーションを管理することが容易になります。ただし、現時点での Operator の作成は、低レベルの API の使用、ボイラープレートの作成、モジュール化の欠如による重複の発生などの課題があるため、困難になる場合があります。

Operator Framework のコンポーネントである Operator SDK は、Operator 開発者が Operator のビルド、テストおよびデプロイに使用できるコマンドラインインターフェイス (CLI) ツールを提供します。

Operator SDK を使用する理由

Operator SDK は、詳細なアプリケーション固有の運用上の知識を必要とする可能性のあるプロセスである、Kubernetes ネイティブアプリケーションのビルドを容易にします。Operator SDK はこの障壁を低くするだけでなく、メータリングやモニターリングなどの数多くの一般的な管理機能に必要なボイラープレートコードの量を減らします。

Operator SDK は、controller-runtime ライブラリーを使用して、以下の機能を提供することで Operator を容易に作成するフレームワークです。

  • 運用ロジックをより直感的に作成するための高レベルの API および抽象化
  • 新規プロジェクトを迅速にブートストラップするためのスキャフォールディングツールおよびコード生成ツール
  • Operator Lifecycle Manager (OLM) との統合による、クラスターでの Operator のパッケージング、インストール、および実行の単純化
  • 共通する Operator ユースケースに対応する拡張機能
  • Prometheus Operator がデプロイされているクラスターで使用できるように、生成された Go ベースの Operator にメトリクスが自動的にセットアップします。

Kubernetes ベースのクラスター (OpenShift Container Platform など) へのクラスター管理者のアクセスのある Operator の作成者は、Operator SDK CLI を使用して Go、Ansible、または Helm をベースに独自の Operator を開発できます。Kubebuilder は Go ベースの Operator のスキャフォールディングソリューションとして Operator SDK に組み込まれます。つまり、既存の Kubebuilder プロジェクトは Operator SDK でそのまま使用でき、引き続き機能します。

注記

OpenShift Container Platform 4.7 は Operator SDK v1.3.0 以降をサポートします。

5.1.1. Operator について

基本的な Operator の概念および用語の概要については、Operator について を参照してください。

5.1.2. 開発ワークフロー

Operator SDK は、新規 Operator を開発するために以下のワークフローを提供します。

  1. Operator SDK コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用した Operator プロジェクトの作成。
  2. カスタムリソース定義 (CRD) を追加することによる新規リソース API の定義。
  3. Operator SDK API を使用した監視対象リソースの指定。
  4. 指定されたハンドラーでの Operator 調整 (reconciliation) ロジックの定義、およびリソースと対話するための Operator SDK API の使用。
  5. Operator Deployment マニフェストをビルドし、生成するための Operator SDK CLI の使用。

図5.1 Operator SDK ワークフロー

osdk workflow

高次元では、Operator SDK を使用する Operator は Operator の作成者が定義するハンドラーで監視対象のリソースについてのイベントを処理し、アプリケーションの状態を調整するための動作を実行します。

5.1.3. 関連情報