Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 管理者タスク

4.1. Operator のクラスターへの追加

クラスター管理者は、OperatorHub を使用して Operator を namespace にサブスクライブすることで、Operator を OpenShift Container Platform クラスターにインストールすることができます。

4.1.1. OperatorHub を使用した Operator のインストール

OperatorHub は Operator を検出するためのユーザーインターフェイスです。これは Operator Lifecycle Manager (OLM) と連携して機能し、クラスター上で Operator をインストールし、管理します。

適切なパーミッションを持つユーザーとして、OpenShift Container Platform Web コンソールまたは CLI を使用して OperatorHub から Operator をインストールできます。

インストール時に、Operator の以下の初期設定を判別する必要があります。

インストールモード
Operator をインストールする特定の namespace を選択します。
更新チャネル
Operator が複数のチャネルで利用可能な場合、サブスクライブするチャネルを選択できます。たとえば、(利用可能な場合に) stable チャネルからデプロイするには、これを一覧から選択します。
承認ストラテジー

自動 (Automatic) または手動 (Manual) のいずれかの更新を選択します。

インストールされた Operator について自動更新を選択する場合、Operator の新規バージョンが選択されたチャネルで利用可能になると、Operator Lifecycle Manager (OLM) は人の介入なしに、Operator の実行中のインスタンスを自動的にアップグレードします。

手動更新を選択する場合、Operator の新規バージョンが利用可能になると、OLM は更新要求を作成します。クラスター管理者は、Operator が新規バージョンに更新されるように更新要求を手動で承認する必要があります。

4.1.2. Web コンソールを使用した OperatorHub からのインストール

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用して OperatorHub から Operator をインストールし、これをサブスクライブできます。

前提条件

  • cluster-admin パーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • Operator インストールパーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。

手順

  1. Web コンソールで、Operators → OperatorHub ページに移動します。
  2. スクロールするか、またはキーワードを Filter by keyword ボックスに入力し、必要な Operator を見つけます。たとえば、Advanced Cluster Management for Kubernetes Operator を検索するには advanced を入力します。

    また、インフラストラクチャー機能 でオプションをフィルターすることもできます。たとえば、非接続環境 (ネットワークが制限された環境ともしても知られる) で機能する Operator を表示するには、Disconnected を選択します。

  3. Operator を選択して、追加情報を表示します。

    注記

    コミュニティー Operator を選択すると、Red Hat がコミュニティー Operator を認定していないことを警告します。続行する前に警告を確認する必要があります。

  4. Operator についての情報を確認してから、Install をクリックします。
  5. Install Operator ページで以下を行います。

    1. 以下のいずれかを選択します。

      • All namespaces on the cluster (default) は、デフォルトの openshift-operators namespace で Operator をインストールし、クラスターのすべての namespace を監視し、Operator をこれらの namespace に対して利用可能にします。このオプションは常に選択可能です。
      • A specific namespace on the cluster では、Operator をインストールする特定の単一 namespace を選択できます。Operator は監視のみを実行し、この単一 namespace で使用されるように利用可能になります。
    2. Operator をインストールする特定の単一 namespace を選択します。Operator は監視のみを実行し、この単一 namespace で使用されるように利用可能になります。
    3. Update Channel を選択します (複数を選択できる場合)。
    4. 前述のように、自動 (Automatic) または 手動 (Manual) の承認ストラテジーを選択します。
  6. Install をクリックし、Operator をこの OpenShift Container Platform クラスターの選択した namespace で利用可能にします。

    1. 手動 の承認ストラテジーを選択している場合、サブスクリプションのアップグレードステータスは、そのインストール計画を確認し、承認するまで Upgrading のままになります。

      Install Plan ページでの承認後に、サブスクリプションのアップグレードステータスは Up to date に移行します。

    2. 自動 の承認ストラテジーを選択している場合、アップグレードステータスは、介入なしに Up to date に解決するはずです。
  7. サブスクリプションのアップグレードステータスが Up to date になった後に、Operators → Installed Operators を選択し、インストールされた Operator のクラスターサービスバージョン (CSV) が表示されることを確認します。その Status は最終的に関連する namespace で InstallSucceeded に解決するはずです。

    注記

    All namespaces…​ インストールモードの場合、ステータスは openshift-operators namespace で InstallSucceeded になりますが、他の namespace でチェックする場合、ステータスは Copied になります。

    上記通りにならない場合、以下を実行します。

    1. さらにトラブルシューティングを行うために問題を報告している Workloads → Pods ページで、openshift-operators プロジェクト (または A specific namespace…​ インストールモードが選択されている場合は他の関連の namespace) の Pod のログを確認します。

4.1.3. CLI を使用した OperatorHub からのインストール

OpenShift Container Platform Web コンソールを使用する代わりに、CLI を使用して OperatorHub から Operator をインストールできます。oc コマンドを使用して、Subscription オブジェクトを作成または更新します。

前提条件

  • Operator インストールパーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • oc コマンドをローカルシステムにインストールする。

手順

  1. OperatorHub からクラスターで利用できる Operator の一覧を表示します。

    $ oc get packagemanifests -n openshift-marketplace

    出力例

    NAME                               CATALOG               AGE
    3scale-operator                    Red Hat Operators     91m
    advanced-cluster-management        Red Hat Operators     91m
    amq7-cert-manager                  Red Hat Operators     91m
    ...
    couchbase-enterprise-certified     Certified Operators   91m
    crunchy-postgres-operator          Certified Operators   91m
    mongodb-enterprise                 Certified Operators   91m
    ...
    etcd                               Community Operators   91m
    jaeger                             Community Operators   91m
    kubefed                            Community Operators   91m
    ...

    必要な Operator のカタログをメモします。

  2. 必要な Operator を検査して、サポートされるインストールモードおよび利用可能なチャネルを確認します。

    $ oc describe packagemanifests <operator_name> -n openshift-marketplace
  3. OperatorGroup で定義される Operator グループは、Operator グループと同じ namespace 内のすべての Operator に必要な RBAC アクセスを生成するターゲット namespace を選択します。

    Operator をサブスクライブする namespace には、Operator のインストールモードに一致する Operator グループが必要になります (AllNamespaces または SingleNamespace モードのいずれか)。インストールする Operator が AllNamespaces を使用する場合、 openshift-operators namespace には適切な Operator グループがすでに配置されます。

    ただし、Operator が SingleNamespace モードを使用し、適切な Operator グループがない場合、それらを作成する必要があります。

    注記

    この手順の Web コンソールバージョンでは、SingleNamespace モードを選択する際に、OperatorGroup および Subscription オブジェクトの作成を背後で自動的に処理します。

    1. OperatorGroup オブジェクト YAML ファイルを作成します (例: operatorgroup.yaml)。

      OperatorGroup オブジェクトのサンプル

      apiVersion: operators.coreos.com/v1
      kind: OperatorGroup
      metadata:
        name: <operatorgroup_name>
        namespace: <namespace>
      spec:
        targetNamespaces:
        - <namespace>

    2. OperatorGroup オブジェクトを作成します。

      $ oc apply -f operatorgroup.yaml
  4. Subscription オブジェクトの YAML ファイルを作成し、namespace を Operator にサブスクライブします (例: sub.yaml)。

    Subscription オブジェクトの例

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: <subscription_name>
      namespace: openshift-operators 1
    spec:
      channel: <channel_name> 2
      name: <operator_name> 3
      source: redhat-operators 4
      sourceNamespace: openshift-marketplace 5
      config:
        env: 6
        - name: ARGS
          value: "-v=10"
        envFrom: 7
        - secretRef:
            name: license-secret
        volumes: 8
        - name: <volume_name>
          configMap:
            name: <configmap_name>
        volumeMounts: 9
        - mountPath: <directory_name>
          name: <volume_name>
        tolerations: 10
        - operator: "Exists"
        resources: 11
          requests:
            memory: "64Mi"
            cpu: "250m"
          limits:
            memory: "128Mi"
            cpu: "500m"
        nodeSelector: 12
          foo: bar

    1
    AllNamespaces インストールモードの使用については、openshift-operators namespace を指定します。それ以外の場合は、SingleNamespace インストールモードの使用について関連する単一の namespace を指定します。
    2
    サブスクライブするチャネルの名前。
    3
    サブスクライブする Operator の名前。
    4
    Operator を提供するカタログソースの名前。
    5
    カタログソースの namespace。デフォルトの OperatorHub カタログソースには openshift-marketplace を使用します。
    6
    env パラメーターは、OLM によって作成される Pod のすべてのコンテナーに存在する必要がある環境変数の一覧を定義します。
    7
    envFrom パラメーターは、コンテナーの環境変数に反映するためのソースの一覧を定義します。
    8
    volumes パラメーターは、OLM によって作成される Pod に存在する必要があるボリュームの一覧を定義します。
    9
    volumeMounts パラメーターは、OLM によって作成される Pod のすべてのコンテナーに存在する必要があるボリュームマウントの一覧を定義します。volumeMount が存在しない ボリューム を参照する場合、OLM は Operator のデプロイに失敗します。
    10
    tolerations パラメーターは、OLM によって作成される Pod の容認の一覧を定義します。
    11
    resources パラメーターは、OLM によって作成される Pod のすべてのコンテナーのリソース制約を定義します。
    12
    nodeSelector パラメーターは、OLM によって作成される Pod の ノードセレクター を定義します。
  5. Subscription オブジェクトを作成します。

    $ oc apply -f sub.yaml

    この時点で、OLM は選択した Operator を認識します。Operator のクラスターサービスバージョン (CSV) はターゲット namespace に表示され、Operator で指定される API は作成用に利用可能になります。

4.1.4. Operator の特定バージョンのインストール

Subscription オブジェクトにクラスターサービスバージョン (CSV) を設定して Operator の特定バージョンをインストールできます。

前提条件

  • Operator インストールパーミッションを持つアカウントを使用して OpenShift Container Platform クラスターにアクセスできる。
  • OpenShift CLI (oc) がインストール済みであること。

手順

  1. startingCSV フィールドを設定し、特定バージョンの Operator に namespace をサブスクライブする Subscription オブジェクト YAML ファイルを作成します。installPlanApproval フィールドを Manual に設定し、Operator の新しいバージョンがカタログに存在する場合に Operator が自動的にアップグレードされないようにします。

    たとえば、以下の sub.yaml ファイルを使用して、バージョン 3.4.0 に固有の Red Hat Quay Operator をインストールすることができます。

    最初にインストールする特定の Operator バージョンのあるサブスクリプション

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: quay-operator
      namespace: quay
    spec:
      channel: quay-v3.4
      installPlanApproval: Manual 1
      name: quay-operator
      source: redhat-operators
      sourceNamespace: openshift-marketplace
      startingCSV: quay-operator.v3.4.0 2

    1
    指定したバージョンがカタログの新しいバージョンに置き換えられる場合に備えて、承認ストラテジーを Manual に設定します。これにより、新しいバージョンへの自動アップグレードが阻止され、最初の CSV のインストールが完了する前に手動での承認が必要となります。
    2
    Operator CSV の特定バージョンを設定します。
  2. Subscription オブジェクトを作成します。

    $ oc apply -f sub.yaml
  3. 保留中のインストール計画を手動で承認し、Operator のインストールを完了します。

4.1.5. Operator ワークロードの Pod 配置の制御

デフォルトで、Operator Lifecycle Manager (OLM) は、Operator のインストールまたはオペランドのワークロードのデプロイ時に Pod を任意のワーカーノードに配置します。管理者は、ノードセレクター、テイント、および容認 (Toleration) の組み合わせを持つプロジェクトを使用して、Operator およびオペランドの特定のノードへの配置を制御できます。

Operator およびオペランドワークロードの Pod 配置の制御には以下の前提条件があります。

  1. 要件に応じて Pod のターゲットとするノードまたはノードのセットを判別します。利用可能な場合は、単数または複数のノードを特定する node-role.kubernetes.io/app などの既存ラベルをメモします。それ以外の場合は、マシンセットを使用するか、ノードを直接編集して、myoperator などのラベルを追加します。このラベルは、後のステップでプロジェクトのノードセレクターとして使用します。
  2. 関連しないワークロードを他のノードに向けつつ、特定のラベルの付いた Pod のみがノードで実行されるようにする必要がある場合、マシンセットを使用するか、またはノードを直接編集してテイントをノードに追加します。テイントに一致しない新規 Pod がノードにスケジュールされないようにする effect を使用します。たとえば、myoperator:NoSchedule テイントは、テイントに一致しない新規 Pod がノードにスケジュールされないようにしますが、ノードの既存 Pod はそのまま残ります。
  3. デフォルトのノードセレクターで設定され、テイントを追加している場合に一致する容認を持つプロジェクトを作成します。

この時点で、作成したプロジェクトでは、以下のシナリオの場合に指定されたノードに Pod を導くことができます。

Operator Pod の場合
管理者は、プロジェクトで Subscription オブジェクトを作成できます。その結果、Operator Pod は指定されたノードに配置されます。
オペランド Pod の場合
インストールされた Operator を使用して、ユーザーはプロジェクトにアプリケーションを作成できます。これにより、Operator が所有するカスタムリソース (CR) がプロジェクトに置かれます。その結果、Operator が他の namespace にクラスター全体のオブジェクトまたはリソースをデプロイしない限り、オペランド Pod は指定されたノードに配置されます。この場合、このカスタマイズされた Pod の配置は適用されません。