Menu Close

3.3. スケジューラープロファイルを使用した Pod のスケジューリング

OpenShift Container Platform は、スケジューリングプロファイルを使用して Pod をクラスター内のノードにスケジュールするように設定できます。

重要

スケジューラープロファイルは、テクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

3.3.1. スケジューラープロファイルについて

スケジューラープロファイルを指定して、Pod をノードにスケジュールする方法を制御できます。

注記

スケジューラープロファイルは、スケジューラーポリシーを設定する代わりに使用できます。スケジューラーポリシーとスケジューラープロファイルの両方は設定しないでください。両方が設定されている場合、スケジューラーポリシーが優先されます。

以下のスケジューラープロファイルを利用できます。

LowNodeUtilization
このプロファイルは、ノードごとのリソースの使用量を減らすためにノード間で Pod を均等に分散しようとします。このプロファイルは、デフォルトのスケジューラー動作を提供します。
HighNodeUtilization
このプロファイルは、できるだけ少ないノードにできるだけ多くの Pod を配置することを試行します。これによりノード数が最小限に抑えられ、ノードごとのリソースの使用率が高くなります。
NoScoring
これは、すべての Score プラグインを無効にして最速のスケジューリングサイクルを目指す低レイテンシープロファイルです。これにより、スケジューリングの高速化がスケジューリングにおける意思決定の質に対して優先されます。