Menu Close

2.6.4. シークレットで署名証明書を使用する方法

サービスの通信を保護するため、プロジェクト内のシークレットに追加可能な、署名されたサービス証明書/キーペアを生成するように OpenShift Container Platform を設定することができます。

サービス提供証明書のシークレット は、追加設定なしの証明書を必要とする複雑なミドルウェアアプリケーションをサポートするように設計されています。これにはノードおよびマスターの管理者ツールで生成されるサーバー証明書と同じ設定が含まれます。

サービス提供証明書のシークレット用に設定されるサービス Pod 仕様

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: registry
  annotations:
    service.beta.openshift.io/serving-cert-secret-name: registry-cert1
# ...

1
証明書の名前を指定します。

他の Pod は Pod に自動的にマウントされる /var/run/secrets/kubernetes.io/serviceaccount/service-ca.crt ファイルの CA バンドルを使用して、クラスターで作成される証明書 (内部 DNS 名の場合にのみ署名される) を信頼できます。

この機能の署名アルゴリズムは x509.SHA256WithRSA です。ローテーションを手動で実行するには、生成されたシークレットを削除します。新規の証明書が作成されます。

2.6.4.1. シークレットで使用する署名証明書の生成

署名されたサービス証明書/キーペアを Pod で使用するには、サービスを作成または編集して service.beta.openshift.io/serving-cert-secret-name アノテーションを追加した後に、シークレットを Pod に追加します。

手順

サービス提供証明書のシークレット を作成するには、以下を実行します。

  1. サービスの Pod 仕様を編集します。
  2. シークレットに使用する名前に service.beta.openshift.io/serving-cert-secret-name アノテーションを追加します。

    kind: Service
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: my-service
      annotations:
          service.beta.openshift.io/serving-cert-secret-name: my-cert 1
    spec:
      selector:
        app: MyApp
      ports:
      - protocol: TCP
        port: 80
        targetPort: 9376

    証明書およびキーは PEM 形式であり、それぞれ tls.crt および tls.key に保存されます。

  3. サービスを作成します。

    $ oc create -f <file-name>.yaml
  4. シークレットを表示して、作成されていることを確認します。

    1. すべてのシークレットの一覧を表示します。

      $ oc get secrets

      出力例

      NAME                     TYPE                                  DATA      AGE
      my-cert                  kubernetes.io/tls                     2         9m

    2. シークレットの詳細を表示します。

      $ oc describe secret my-cert

      出力例

      Name:         my-cert
      Namespace:    openshift-console
      Labels:       <none>
      Annotations:  service.beta.openshift.io/expiry: 2023-03-08T23:22:40Z
                    service.beta.openshift.io/originating-service-name: my-service
                    service.beta.openshift.io/originating-service-uid: 640f0ec3-afc2-4380-bf31-a8c784846a11
                    service.beta.openshift.io/expiry: 2023-03-08T23:22:40Z
      
      Type:  kubernetes.io/tls
      
      Data
      ====
      tls.key:  1679 bytes
      tls.crt:  2595 bytes

  5. このシークレットを使って Pod 仕様を編集します。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: my-service-pod
    spec:
      containers:
      - name: mypod
        image: redis
        volumeMounts:
        - name: foo
          mountPath: "/etc/foo"
      volumes:
      - name: foo
        secret:
          secretName: my-cert
          items:
          - key: username
            path: my-group/my-username
            mode: 511

    これが利用可能な場合、Pod が実行されます。この証明書は内部サービス DNS 名、 <service.name>.<service.namespace>.svc に適しています。

    証明書/キーのペアは有効期限に近づくと自動的に置換されます。シークレットの service.beta.openshift.io/expiry アノテーションで RFC3339 形式の有効期限の日付を確認します。

    注記

    ほとんどの場合、サービス DNS 名 <service.name>.<service.namespace>.svc は外部にルーティング可能ではありません。<service.name>.<service.namespace>.svc の主な使用方法として、クラスターまたはサービス間の通信用として、 re-encrypt ルートで使用されます。