Menu Close

2.9.3. 優先順位およびプリエンプションの設定

Pod 仕様で priorityClassName を使用して優先順位クラスオブジェクトを作成し、Pod を優先順位に関連付けることで、Pod の優先度およびプリエンプションを適用できます。

優先順位クラスオブジェクトのサンプル

apiVersion: scheduling.k8s.io/v1
kind: PriorityClass
metadata:
  name: high-priority 1
value: 1000000 2
preemptionPolicy: PreemptLowerPriority 3
globalDefault: false 4
description: "This priority class should be used for XYZ service pods only." 5

1
優先順位クラスオブジェクトの名前です。
2
オブジェクトの優先順位の値です。
3
この優先順位クラスがプリエンプションを実行するか/しないかを示すオプションのフィールドです。プリエンプションポリシーは、デフォルトで PreemptLowerPriority に設定されます。これにより、その優先順位クラスの Pod はそれよりも優先順位の低い Pod のプリエンプションを実行できます。プリエンプションポリシーが Never に設定される場合、その優先順位クラスの Pod はプリエンプションを実行しません。
4
この優先順位クラスが優先順位クラス名が指定されない状態で Pod に使用されるかどうかを示すオプションのフィールドです。このフィールドはデフォルトで false です。globalDefaulttrue に設定される 1 つの優先順位クラスのみがクラスター内に存在できます。globalDefault:true が設定された優先順位クラスがない場合、優先順位クラス名が設定されていない Podの優先順位はゼロになります。globalDefault:true が設定された優先順位クラスを追加すると、優先順位クラスが追加された後に作成された Pod のみがその影響を受け、これによって既存 Pod の優先順位は変更されません。
5
開発者がこの優先順位クラスで使用する必要のある Pod を記述するオプションのテキスト文字列です。

手順

優先順位およびプリエンプションを使用するようにクラスターを設定するには、以下を実行します。

  1. 1 つ以上の優先順位クラスを作成します。

    1. 優先順位の名前および値を指定します。
    2. 優先順位クラスおよび説明に globalDefault フィールドをオプションで指定します。
  2. Pod 仕様を作成するか、または既存の Pod を編集して、以下のように優先順位クラスの名前を含めます。

    優先順位クラス名を持つ Pod 仕様サンプル

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: nginx
      labels:
        env: test
    spec:
      containers:
      - name: nginx
        image: nginx
        imagePullPolicy: IfNotPresent
      priorityClassName: high-priority 1

    1
    この Pod で使用する優先順位クラスを指定します。
  3. Pod を作成します。

    $ oc create -f <file-name>.yaml

    優先順位の名前は Pod 設定または Pod テンプレートに直接追加できます。