Menu Close

5.6. ノードの再起動について

プラットフォームで実行されているアプリケーションを停止せずにノードを再起動するには、まず Pod の退避を実行することが重要です。ルーティング階層によって可用性が高くなっている Pod については、何も実行する必要はありません。ストレージ (通常はデータベース) を必要とするその他の Pod については、1 つの Pod が一時的にオフラインになってもそれらの Pod が作動状態を維持できることを確認する必要があります。ステートフルな Pod の回復性はアプリケーションごとに異なりますが、いずれの場合でも、ノードの非アフィニティー (node anti-affinity) を使用して Pod が使用可能なノードにわたって適切に分散するようにスケジューラーを設定することが重要になります。

別の課題として、ルーターやレジストリーのような重要なインフラストラクチャーを実行しているノードを処理する方法を検討する必要があります。同じノードの退避プロセスが適用されますが、一部のエッジケースについて理解しておくことが重要です。

5.6.1. 重要なインフラストラクチャーを実行するノードの再起動について

ルーター Pod、レジストリー Pod、モニタリング Pod などの重要な OpenShift Container Platform インフラストラクチャーコンポーネントをホストするノードを再起動する場合、これらのコンポーネントを実行するために少なくとも 3 つのノードが利用可能であることを確認します。

以下のシナリオは、2 つのノードのみが利用可能な場合に、どのように OpenShift Container Platform で実行されているアプリケーションでサービスの中断が生じ得るかを示しています。

  • ノード A がスケジュール対象外としてマークされており、すべての Pod の退避が行われている。
  • このノードで実行されているレジストリー Pod がノード B に再デプロイされる。 ノード B が両方のレジストリー Pod を実行しています。
  • ノード B はスケジュール対象外としてマークされ、退避が行われる。
  • ノード B の 2 つの Pod エンドポイントを公開するサービスは、それらがノード A に再デプロイされるまでの短い期間にすべてのエンドポイントを失う。

インフラストラクチャーコンポーネントの 3 つのノードを使用する場合、このプロセスではサービスの中断が生じません。しかし、Pod のスケジューリングにより、退避してローテーションに戻される最後のノードにはレジストリー Pod がありません。他のノードのいずれかには 2 つのレジストリー Pod があります。3 番目のレジストリー Pod を最後のノードでスケジュールするには、Pod の非アフィニティーを使用してスケジューラーが同じノード上で 2 つのレジストリー Pod を見つけるのを防ぎます。

追加情報